整体・カイロプラクティックと脊椎矯正



利益水増し問題からの再生に向け、最初の一歩を踏み出した格好だ。 「システムLSI(大規模集積回路)」については、大分工場(大分市)の画像センサー製造ラインを売却することで、28日にソニーと基本合意した。 関係する従業員約1100人に関してはソニーに転籍させる方向だ。 売却額は200億円程度になる見通し。 照明に使う白色発光ダイオード(LED)と、スマートフォンに組み込まれ、画像処理を行う画像センサーの生産から撤退し、早期退職も募る。 白熱電球などからの置き換えで需要拡大が見込まれたため、東芝も強化してきたが、中国製などとの競争が激しく「価格下落が想定以上だった」(関係者)という。 採算が悪化していたため、15年度末までに撤退して約100億円の固定費を削減する。 今後は家電やパソコンでも改革を進められるかが焦点になる。 東芝は28日、半導体事業の構造改革の具体策を発表した。  白色LEDは「ディスクリート」と言われる単機能半導体の一種。 システムLSI分野では約160億円の固定費を削減する。  ディスクリート分野では、高電圧を扱い、電力変換に使われるパワー半導体を中心に立て直す方針だ。 再生策の第1弾として半導体に切り込んだのは、室町正志社長の出身母体であることが大きい。 合わせて約260億円の固定費削減につなげ、半導体事業の中で赤字が続いていた2分野を2016年度に黒字化する目標。 東芝はカンパニー制を敷くため、経営トップが範を示すことで各カンパニーの協力を得たい考えだ。  半導体事業では、2分野の赤字を稼ぎ頭の「フラッシュメモリー」の黒字の一部で相殺する構図だったが、“止血”が実現すれば収益の改善が期待される。
ただ、主力のタイヤ事業は好調で、120億円を見込む税引き後利益は目減りはするが、黒字は確保できる見通しだ。 特別損失の内訳は、免震ゴムの交換に伴う建物所有者への補償や代替品の生産費用が70億円程度で、自動車部品の価格カルテルを巡り、顧客の自動車メーカーに支払う和解金42億円も計上する。 15年12月期の業績予想の下方修正は3度目。 東洋ゴム工業が、性能を偽装していた免震ゴムへの対応などのため、100億円超の特別損失を2015年12月期連結決算に追加で計上する見通しとなった。