ギックリ腰、整体院


腰痛の改善と治療


腰痛(ようつう)とは、腰部(ようぶ)に痛み、炎症などを感ずる病状を指し示す一般的な言葉。

世界の腰痛事情。
国・地域によって行政や学会の方策カルチャーや生活、習慣が異なっていても腰痛の発症の度合いは、大体変わりないのである。
(WHO)世界保健機関の文書は以下のように記載されている。 「腰痛の発症の度合いや有病率はそれぞれの国の至る所でおおよそ同じである。
腰部(ようぶ)の疾患は世界中で仕事を休む理由の筆頭である」。

姿勢による腰痛の予防。
腰(こし)の疾患の症状の原因は、生活の中での姿勢にあると1976年のナッケムソンの提言以来、欧州では労働中・家事などの対策が行われている。

急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年のヨーロッパ委員会の腰の疼痛診療ガイドラインによれば、ヨーロッパでの腰痛(ようつう)の一生涯発症する確立は84%で、有病割合は23%になります。
肩凝り、肩こり
米国での腰痛事情。
米国においても、おおくのクランケの腰(こし)の病気は、原因を診断できない原因不明の腰痛だと言うことです。 こ現状について、ナッケムソンは明確にアカデミーの問題を指摘されています。
アメリカでは、腰部(ようぶ)の症状で1年間に日本円にすると1000億円以上が失われていると計算されています。
頭痛、片頭痛、偏頭痛
日本の腰痛事情。
日本の患者においても腰(こし)の疾病が自覚症状のある患者の比率でトップ(もっとも多い症状)で、わが国民の80パーセント以上が一生において腰の疼痛を経験している。 大半の人は腰痛(ようつう)を訴えているが、レントゲン・MRI診断で原因が診付けられないケースも多々あります。 要因が特定された場合もその事が腰部の疾病の原因でないこともあり、腰部の痛み患者の80パーセントは損傷箇所がわからない(原因不明の腰痛)。

筋骨格系の腰痛と、それ以外の腰痛の割合。
腰痛全体で、骨折、感染症、がん、変性疾患など、要因の断定診断できるのは15パーセントくらいであり、残りの8.5割程度は、原因箇所のはっきりしない非特異的腰痛である。 レントゲン・MRI異常個所が、見つかっても、そのことが腰痛の要因のとは限らない。

老人の腰痛。
椎間板障害や脊柱管狭窄は、老人にはとてもありふれており、エックス線・MRIでたいていの年寄りには認められるが、ほとんどのケースでは、それは腰部(ようぶ)の病気の要因ではない。
そのことは、時々手術をする理由にされるが、その外科的手術がうまくいっても結果的に腰部の症状が治癒することは多くないのである。

緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)。
筋繊維などに過度なテンションが加わることで、筋肉が過緊張する為ににひきおこされる腰部の痛みなのです。 許容範囲を超えたストレスを加えると、交感神経は通常優勢になり活発化し緊張をしいられ、関連する他の筋繊維などにも力が入る。 すると崩れた均衡整えようと腰の筋肉に過剰な負担が増大し、腰痛が起こる。

慢性腰痛。
腰(こし)の疾患が、3ヶ月以上続く場合慢性腰痛と言います。
精神的不安や精神的ストレスなどのメンタル性の関与があります。 急性の腰部の疼痛から慢性的な腰部の症状への転換は、しばしばイアトロジェニックである。

イアトロジェニック病って?。
アメリカ人の死亡の原因の三大原因の1つにイアトロジェニック病というのがあるそうです。
1位は心臓疾患2位は新生物そして3位がイアトロジェニック病だそうです。
イアトロジェニック病とはわかりやすく言うと、医者の治療で引き起こされた死。
医療ミスや薬品手術などが原因となる死のことです。

危険な腰痛。
危険性の高い腰痛の種類には、死亡する危険性の腹部大動脈瘤&大動脈解離、状態によっては死亡する危険性の腎梗塞、急性膵炎、排尿と排便が難しくなるようなこともある馬尾症候群などが挙げられる。 注意を要する腰痛は、化膿性脊椎炎硬膜外膿瘍などの脊椎感染症や、多発性骨髄腫やがんの骨転移などの悪性腫瘍の骨病変がある。

非特異的腰痛を来たしやすい要因。
精神的要素(家族への不満、不安、ストレス、抑うつ)。 太り過ぎ(BMI)。 妊娠後期(子供を出産後腰痛は軽快する)。
腰に力のかかる職業(重い物の運搬介護職、職業運転手)。 運動不足。 腰痛の男女の差は、そんなにない。
脚長差は、あまり腰痛の原因にならない。

欧州の腰痛のガイドラインによれば…。
ヨーロッパでのガイドラインでは、腰痛は、疾患でなく、症状であるといっている。 腰痛の要因は、腰部に無理のかかる動作による椎間板・神経・腰椎などの障害、新生物などの特異的疾患による障害、の2つである。
頭痛、片頭痛、偏頭痛
腰部に負担のかかる動作と腰痛。
腰部に負担のかかる腰の使い方は、腰椎・脊椎・神経などの障害を引き起こす。
整形外科医ナッケムソンは、腰痛の原因を腰部に負荷のかかる腰の使い方とつきとめた。

危険な腰痛(レッドフラッグ)。
レッド・フラッグといわれている症状がある場合、重大な病気が見つけられるかもしれないのでさらに細かく検査をすることが必要である。
骨盤矯正、カイロプラクティック、整体
重大な病気が見つかれば、急いで投薬が必要だったり、特別の処置を必要とする可能性がある。
だからと言って、レッド・フラッグの症状が見られるからと言って、絶対に危険な病気があるとはかぎらない。
大変な疾患が発見される可能性があるかもしれないというだけで、レッドフラッグを有する大抵の腰痛患者は、大きな問題を持たない。 仮に、レッド・フラッグの徴候が全然ないのであれば、症状発現後4週間以内に、画像診断検査を受けたり、臨床検査を行うことは、有益でないと提示されている。 証拠証拠大半のレッド・フラッグの有用性は、ガイドラインからは、それほど支持されない。
骨折などを捜し出す手段の最も良い手がかりは、高齢の年齢、ステロイドの使用、ひどい傷を残すようなひどい怪我などである。 がんを検知するための最も良い手がかりは、患者の既往歴である。 他の原因を排除できれば、非特異的な腰痛をわずらう人は、一般的には、要因を断定的に決めること無く、対症療法的に治療される。 うつや薬の濫用など、判断を複雑にする要因をはっきりさせる努力や、保険の支払いに関する討論は、役に立つ時がある。

日本での腰痛のガイドライン。
わが国のガイドラインでは、以下ののような状況を危険な状態と警告している。
※腰の障害の発症
歳が20歳未満、または50歳以上。
※時間帯や
活動性に関係無い腰の痛み。
※胸部痛

※癌、
ステロイドホルモン治療、HIV感染の既往。
※栄養失調

※体重の減少

※広い部位に
及ぶ神経症状。
※構築性脊椎変形(猫背など)

※発熱

骨盤矯正、カイロプラクティック、整体
検査。
レッド・フラッグの症状が見受けられるケースや、よくならない神経学的な病態が続く場合や、悪化する症状がある場合には、画像検査を受けるのがベストである。 特に、癌や感染や馬尾症候群が疑われる時は、なるべく早くMRIまたはCTの検査をすることがベターである。
椎間板の病変を診断するには、CTよりMRIの方が少し優れている。
脊柱管狭窄症を診断するには、両者とも有用であります。
また2、3の身体的な検査が有用である。 椎間板ヘルニアは、多くの場合下肢伸展挙上検査が陽性になります。
腰部椎間板造影検査は、重大な腰痛が継続するケースに、痛みの元の要因となりえる椎間板の損傷を見つけだすのに効果的です。
同じ様に神経への麻酔の注射(神経ブロック)的な治療的手技が、痛みの原因の所を決定する目的で使用されることがある。
このように、椎間関節注射、変形硬膜外注射、仙腸関節注射を、診断する目的で検査として使用するのを支持するいくつかのエビデンスある。
それ以外の検査、例えば側彎症の身体検査、筋力低下の検査、神経反射の低下の検査などは、ほとんど使われない。 腰痛の訴えは、患者が、病院を訪れる最も数多い理由のうちの一つである。
多くのケース痛みは、2、3週間程度しか続かずに、ひとりでに消失するように見えます。 医学学会の提言によれば、もし、現病歴と診断所見が、腰の痛みの要因となる特定の疾病の存在を示唆しないのであれば、エックス線写真やCT検査やMRI検査は不要である。
医療機関に訪れる患者は、CT検査やMRIによる画像診断を浴することもあるが、レッドフラッグの症候が見当たらないのであれば、そうした検査は必要ないのである。
決まりきった手順としてのCT検査やMRI検査は、費用がかかり、症状を回復させる作用の無い外科手術をする可能性が強くなり、 体に浴びる放射線が細胞に悪い効果をもたらす。
症状の原因を解明できる腰の痛みは、画像診断の1%以下でしかない。
画像診断検査は、無害な異常箇所を見つけだして意味のない他の検査をさらに受けるように患者をうながし、患者さんを不安にする。 しかし、そうは言うものの、米国のメディケアの統計の内容では、1994年から2006年までの12年間に、腰のMRI検査の件数は、300%を超え、増加した。