Daily Archives: 2015年10月26日

カイロプラクティック・整体と背骨矯正



「カイロプラクティック」 Chiropractic は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック以外にオステオパシー (Osteopathy)・スポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。

米国治療師「ダニエル・デビッド・パーマー」(1845~1913) が創始した。

疾病は神経系の機能の障害で起るという理論に基づいて、肉体、主に椎骨の関節の調整によって神経の機能回復を目指した治療方法なのです。

19 世紀末にアメリカ(米国)にて生み出された神経機能障害に対して行う施術です。

背骨(椎骨)の歪(ズレ)みを矯正、神経機能を改善させ、組織や各器官の異常を治療する。

「カイロプラクティック」 Chiropractic は骨格の障害とそれらが及ぼす身体への作用を判断、治療、予防をするスペシャリストであり、関節アジャストメントもしくは背骨のマニピュレーション(アジャストメント)を含む徒手治療を特色とし、主に背骨の小さな歪み(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する施術法です。

分かりやすく言えば・・・骨格の歪み、特に骨(背骨)不整列手技や特殊な矯正ベッドによって整復することで神経の機能の作用を回復する施術法です。

ですから人間の肉体をコントロールするのは脳・脊髄つながっている神経系で、その神経線維の働きがよくなれば自然に肉体は疾病の改善とともに健康になるということです。

ヘルスケア・システムの中の骨格健康管理専門家です。

神経筋骨格系機能、能力、健康そして生活の質を向上させる機能を備えている。

最新のリサーチおよび臨床に基づき、特に脊椎(背骨)と神経系の関りを重視しながら検査、診断、治療に専門的なアプローチをする。

手技療法、体操療法、患者の教育など含みながら、主に椎骨アジャストメントをする教育を受けた専門家。

カイロプラクティック 「Chiropractic」 は病歴を聞き取り、姿勢バランス分析など各種の検査を行っていきます。

そして骨格のズレを全体的に判断して施術の手順を組立て、症状や個人差に適応した矯正のテクニックを用います。

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で、野菜や魚は全ての関税が16年目までに撤廃されることが分かった。 現状3.5%以上のカツオやベニザケ、ヒラメなどは即時撤廃となる。 また、重要5項目の中でも、牛タンやハム、ソーセージなどの一部加工品は段階的に撤廃される。  水産物では、魚の関税がすべて撤廃される。 果物ではパイナップル缶詰などの一部の加工品を除いて、オレンジやサクランボなどの関税が段階的に下がり最終的にはゼロとなる。 このため、「生産者に与える影響は限定的」(交渉関係者)とする見方が多い。 TPP交渉は元々、すべての品目の関税撤廃が原則とされてきた。
関税が早期撤廃される野菜や魚については、元々の関税がそれほど高くない上に、TPP参加国からの輸入品と国産品が競合しているケースは少ない。 撤廃品目数は、農林水産物834品目の約半数に達する見通しで、日本政府が「聖域」として交渉してきたコメ、牛・豚肉、乳製品、麦、砂糖の重要5項目以外は、ほとんどの関税が即時撤廃か数年間で段階的に撤廃される。 一方で、国内に漁業者が多いアジやサバについては16年目までの段階的な撤廃となる。 タマネギは原則8.5%の関税が6年目に撤廃される。 このため、野菜ではホウレンソウやレタス、アスパラガス、ブロッコリー、キャベツなどにかかっている3%の関税がTPPの発効後すぐになくなる。 TPPの大筋合意以降、国内では詳しい説明を求める声が高まっており、農林水産省が各品目についての精査を進めている。

リコールで不正ソフトを正常化すれば、有害物質の排出は抑制される代わりに、エンジンの出力や燃費などの性能が低下し、保有者の不満が広がる恐れもあるなど課題は山積している。 問題長期化によって信用回復が遅れ、新車販売の不振が続けば、経営への打撃はさらに深刻化することになる。 不正による影響はますます深刻化している。 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)がディーゼルエンジン車の排ガス規制を不正に逃れていた問題は、18日で発覚から1カ月が経過する。 また、「ソフトウエアは各国によって設定が異なる」(ミュラー会長)ため、リコールの準備に時間がかかるとして、着手は来年以降にずれ込む見通しだ。
これを受け、VWは欧州全体の850万台のリコール実施を表明。 リコールの開始は年明けまでずれ込む見通しなど不正車への対応は遅れているうえ、不正の原因究明や責任追及なども進まず、同社に対する不信感は強まるばかりだ。 同社は完了までに「複数年かかる」(米国法人幹部)としており、8日の米議会の公聴会では、議員から「不安を抱えながら、車に乗り続けなければならないのか」などの批判が相次いだ。 同社は当初、不正車への対応として、違法なソフトウエアに設定したプログラムの変更で済むとして、1100万台すべてのリコールは必要ないとみていた。 しかし発覚後1カ月近くも明確な対応を示さないVWへの不信の高まりを受け、ドイツ政府は15日、同国内の全不正車約240万台のリコール命令に踏み切った。 ミュラー会長は「不正は少数の社員によるもの」と強調しているが、独誌シュピーゲルは「幹部約30人が関与した疑いで職務を停止されている」と報じるなど「組織ぐるみ」の疑いは強まっている。 欧州以外でもリコールの動きが広がっている。 全世界で1100万台に上る不正にかかわる車のリコール(回収・無償修理)は拡大し、これらの費用や損害賠償による損失は数百億ユーロ(数兆円)規模に上るとみられる。
一方、VWは今回の問題について内部調査を進めているが、不正の原因や経営陣の関与など、全体像は見えないままだ。  スイス金融大手UBSは、リコールや損害賠償による同社の損失が350億ユーロ(約4兆7000億円)まで膨らむと予想する。 リコールではエンジンの改修なども必要になり、コストは大幅に膨らむ。

現状3.5%以上のカツオやベニザケ、ヒラメなどは即時撤廃となる。 このため、「生産者に与える影響は限定的」(交渉関係者)とする見方が多い。 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で、野菜や魚は全ての関税が16年目までに撤廃されることが分かった。 撤廃品目数は、農林水産物834品目の約半数に達する見通しで、日本政府が「聖域」として交渉してきたコメ、牛・豚肉、乳製品、麦、砂糖の重要5項目以外は、ほとんどの関税が即時撤廃か数年間で段階的に撤廃される。 TPP交渉は元々、すべての品目の関税撤廃が原則とされてきた。 タマネギは原則8.5%の関税が6年目に撤廃される。 このため、野菜ではホウレンソウやレタス、アスパラガス、ブロッコリー、キャベツなどにかかっている3%の関税がTPPの発効後すぐになくなる。 関税が早期撤廃される野菜や魚については、元々の関税がそれほど高くない上に、TPP参加国からの輸入品と国産品が競合しているケースは少ない。
TPPの大筋合意以降、国内では詳しい説明を求める声が高まっており、農林水産省が各品目についての精査を進めている。 果物ではパイナップル缶詰などの一部の加工品を除いて、オレンジやサクランボなどの関税が段階的に下がり最終的にはゼロとなる。 水産物では、魚の関税がすべて撤廃される。 また、重要5項目の中でも、牛タンやハム、ソーセージなどの一部加工品は段階的に撤廃される。 一方で、国内に漁業者が多いアジやサバについては16年目までの段階的な撤廃となる。

安倍晋三首相の要請を受け、総務省が19日に第1回の有識者会議を開催し、年内に一定の結論を出す予定。  端末を買い替えると、端末代金に相当する分を通信料金から差し引いて相殺しているが、実際は端末代を通信料から広く回収する仕組みになっている。 そのため端末代と通信料を分離すれば、通信料はもう少し安くなるはずだ。 LTEへの移行でユーザーの利便性も高まる。 携帯電話料金の引き下げに向けた議論が動き出す。 これによりMVNOにとってはプラスになる。 日本の携帯電話料金は世界的にみて、高くも安くもないが、安倍首相が値下げの方策検討を指示したのは、公共料金のようにとらえているからだと思う。
その代わり端末代は高くなる。 だが、総務省や携帯電話大手の思惑が交錯するなかで議論が難航するとみられる。 そうすれば携帯電話各社の業績への影響も少ない。 これによりライトユーザー向けの低容量プランに移行するスマホユーザーの通信料収入の落ち込みをフィーチャーフォンからスマホに移行するユーザーの収入で補える。 分離により端末の競争から料金やサービスの勝負に変わってくる。 二人の専門家に聞いた。 <SMBC日興証券・菊池悟シニアアナリスト> データ通信をあまり利用しないライトユーザー対策は必要。 携帯電話がこれだけ身近なのに、料金にオプションなどが含まれて複雑で、消費者は十分に理解できていない。 あわせて3GサービスのフィーチャーフォンユーザーがLTEサービスのスマホユーザーに移行できるプランが求められる。 ユーザーのサービス向上と通信業界の成長を踏まえた施策を検討することになるが、この短い時間で落とし所を見いだせるのか。

次世代技術の開発をめぐっては、トヨタ自動車が9月に米マサチューセッツ工科大(MIT)やスタンフォード大と人工知能の研究で連携すると発表。 2013年から共同開発する燃料電池車(FCV)に加え、人工知能などIT(情報技術)や自動運転が検討対象とみられる。
両社はすでに対象拡大の協議に入った。 ホンダが米ゼネラル・モーターズ(GM)との共同開発の拡大を検討していることが16日、分かった。 両社の技術を融合して次世代技術の開発競争をリードしたい考えだ。 技術開発には長期間を要することから、早期に対象拡大の検討を始める。 FCVでの協力が円滑に進んでいることから、技術の相乗効果や開発投資の低減が見込めると判断したもようだ。 日産自動車も1月にアメリカ航空宇宙局(NASA)と自動運転の共同研究を始めるなど開発競争が激化している。  ホンダは来年3月までに独自開発のFCVを発売するが、20年にGMと共同開発する燃料電池や水素貯蔵システムの搭載車をそれぞれのブランドで発売する予定。

これらのデータは傾いたマンションだけで10本分あった。  担当者はデータの記録に失敗したが、くいが固定されており、再調査が難しいことから、データを転用した可能性がある。
旭化成などによると、同マンションでは建設中の平成17年12月から18年2月の間に、4棟で473本のくいが打たれた。 元請け業者である三井住友建設は、事前に地盤調査を実施し、くいを打つ場所を設定したデータを旭化成建材に提供していた。 結果的に、10本のうち6本は強固な地盤である「支持層」に達しておらず、2本は支持層に到達してはいたが、打ち込みが不十分だった。 横浜市都筑区の大型マンションが施工不良で傾いた問題で、くい打ち施工を行った旭化成建材の工事担当者が「地盤の強度データを記録し損ねた」と、他の地盤データを転用・加筆した理由について説明していることが15日、旭化成への取材で分かった。 くいを打ち込みコンクリートで固定していた。
旭化成によると、工事担当者は聞き取り調査に対し、「プリンターのスイッチを押し忘れたり、記録紙が泥で汚れたり、雨でぬれたりして、きちんと記録できなかった」などと話し、データが適切に記録できていなかったことを認めた。
旭化成建材の担当者は、このデータをもとに施工を行い、ドリルが支持層に達したかを確認。 このうち傾いた建物を含む3棟で計38本分のデータに転用や加筆があったとしている。 旭化成はデータ取得に失敗した状況について、さらに詳しく調査する。