カイロプラクティック・整体(手技療法)と骨盤矯正



D10号棟2階に住む年金生活の1人暮らしの女性(70)は「横浜の旭化成建材の問題は知っていたが、まさか自分が住んでいる所がそうだと分かり、びっくりした」という。 道が問題を公表した28日夜、テレビ局の取材クルーのライトやカメラのフラッシュに建物が浮かび上がった。 新たに不正が発覚したのは、釧路市にある道営愛国団地D10号棟。 北海道まで問題が拡大したことに、長浜局長は会見で「正直、驚きを隠し得ない」と話した。 入居者には28日、道から問題を知らせる文書が届いたという。 旭化成建材は「客観的に見てデータの転用があったと認めざるを得ない」と話しているという。 今のところ不具合は感じていないとしながらも、不安そうな表情を浮かべた。
ただ、主力のタイヤ事業は好調で、120億円を見込む税引き後利益は目減りはするが、黒字は確保できる見通しだ。 特別損失の内訳は、免震ゴムの交換に伴う建物所有者への補償や代替品の生産費用が70億円程度で、自動車部品の価格カルテルを巡り、顧客の自動車メーカーに支払う和解金42億円も計上する。 15年12月期の業績予想の下方修正は3度目。 東洋ゴム工業が、性能を偽装していた免震ゴムへの対応などのため、100億円超の特別損失を2015年12月期連結決算に追加で計上する見通しとなった。
生体組織の内部構造を観察するためには「2光子励起顕微鏡」という高価な顕微鏡を使う必要があったが、蛍光たんぱく質で標識した組織を透明化した場合、一般的に普及している「共焦点顕微鏡」でも観察できるという。 植物を蛍光たんぱく質を使った観察の際に邪魔になるクロロフィル(葉緑素)を除去する最適な化合物の組み合わせを探し、植物を透明化する試薬「ClearSee」の開発に成功した。 成果は英科学誌「Developement」(オンライン速報版)に公開された。 理化学研究所が開発した透明化解析技術「CUBIC」で用いた方法を植物に応用。 開発したのは、同大大学院の栗原大輔特任助教と、同大WPIトランスフォーマティブ生命分子研究所の東山哲也教授ら。 透明化した組織の細胞壁と細胞核を後から蛍光色素で染色することもでき、蛍光たんぱく質を導入するための遺伝子組み換えができない植物にも適用できるとしている。




Posted by 2015年10月30日 Category: 未分類