脊椎・骨盤矯正と整体・カイロプラクティック

// Published 2015年11月16日 by sakigakewordpressjyuku1970



夫婦別姓を認めず同姓を定めた民法の規定と、女性にだけ離婚後6カ月(約180日)間の再婚禁止を定めた規定について争われた2件の訴訟で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は11日までに、判決期日を12月16日午後3時に指定した。 最高裁は、家族の在り方に深く関わる二つの規定について、初の憲法判断を示すとみられる。 まず再婚禁止期間訴訟の判決を行い、直後に夫婦別姓訴訟について言い渡す見通し。




9月末の受信料支払率は年度目標の77%は下回っているものの、76・3%で昨年9月末の75・2%を1・1ポイント上回った。 受信料収入は3316億円で、事業収入全体では3424億円となった。 また、堅調な受信料の増収などにより、総資産が初めて1兆円を超える1兆27億円となった。 事業支出は3168億円で、事業収支差金は256億円を確保。 負債を差し引いた純資産合計は6847億円。 予算に対し194億円の収支改善になっている。

米ユースサッカー協会の2014年の統計によると、全米のユースサッカー人口は約300万人で、男女の比率はほぼ半々。 米サッカー協会は、同じ規定を導入するかどうかの判断は個々の団体に委ねるとしながらも、規定は医療委員会からの勧告に基づくと強調、同様の対応を取るよう強く促している。 原告との合意内容にはヘディング禁止のほか、監督や審判、保護者、選手に脳震盪の危険性を知ってもらうための啓発キャンペーンや、試合に戻る場合の手順が盛り込まれた。 米サッカー協会は11日までに、10歳以下の子どものヘディングを禁止すると発表した。 11~13歳の子どもは練習中のヘディングの回数に制限を設ける。 ヘディング禁止規定は米サッカー協会傘下のユースナショナルチームやアカデミーに所属する男女が対象となる。 サッカーをする子どもたちの安全性向上に貢献できたことをうれしく思う」とコメントしている。 原告側弁護団の代表は「最大の目標は達成された。 今回の規定は、2014年に米サッカー協会などを相手取って起こされた裁判がきっかけとなった。 米国ではここ数年で、サッカーやアメリカンフットボールといったスポーツ選手の脳震盪(のうしんとう)問題に対する関心が高まっていた。 今回の規定の対象となるのはその一部にとどまる。