カイロプラクティックと骨盤矯正

// Published 2016年1月15日 by sakigakewordpressjyuku1970

カイロプラクティック カイロプラクティック カイロプラクティック









 製品発表会に登壇したエプソン販売代表取締役社長の佐伯直幸氏は、一般コンシューマーがプリントをためらう理由として、消耗品切れや交換の手間、コストなどを挙げ、2年間インクの追加購入が不要なエコタンクで、「これまでのプリンタの悩みを解消する新たな提案をしていく」とアピール。 エコタンク搭載モデルは、カラー6500ページ/モノクロ6000ページの印刷が可能な大容量タンクを搭載しているのが特徴。 プリントボリュームの高いユーザー層に向けて訴求する。 価格は順に1万円台半ば、1万円前後、2万円前後(税別)。 このほか、カラリオプリンタの新モデルとして、6色染料インクを採用するA4多機能複合機「EP-708A」と、A4顔料インク採用のA4対応複合機「PX-048A」をラインアップに追加したほか、PCなしで写真やシールを印刷できる新カラリオミー「PF-71」を発表、1月28日より発売する。  また、2年分のインク(A4モノクロ文書を月300枚印刷した場合を想定)を同梱しており、1枚当たりの印刷コストは、EW-M660FTがカラー0.8円/モノクロ0.4円、PX-M160TとPX-S160Tがモノクロ0.3円と、ランニングコストが低いのも目を引く。 これまでプリンタ市場のビジネスモデルは、本体の価格よりも消耗品のカートリッジ型インクで利益を上げる図式だったが、新興国で先行展開しているエコタンク搭載モデルが大きく成長しており、「気兼ねなく印刷できる」をキーワードに国内でも新しいビジネスに乗り出す。 A4カラー1万1000枚印刷時のインク交換回数は、カートリッジ式インクを採用する従来のプリンタが88回であるのに対し、エコインク搭載モデルはわずか8回と、インク補充の手間を大幅に省くことができる。

ANAとベトナム航空は共同運航やマイレージの相互付与のほか、空港でのチェックインや整備の分野でも協力する。 ANAホールディングスは12日、国営ベトナム航空に出資し業務提携することで、同航空と基本合意したと発表した。 ANAが別の航空連合の海外航空会社に出資するのは初めて。 ANAが出資・提携した場合、日航との提携は解消される見通しだ。 両国間の直行便や国内線を共同運航し、便数や路線を増やす。 共同運航などの業務提携は所属する航空連合で加盟社の承認を受けた上で、早ければ今秋にも始める方針だ。  ベトナム航空は羽田、成田、中部、関西、福岡の各空港に就航している。 これまでANAを含む複数の海外航空会社と交渉してきた。  ベトナムは現在、国営企業改革を進めており、政府が95%を出資しているベトナム航空も対象だ。 出資額は約130億円で、出資比率は8・8%になる。 ベトナム航空は現在、日本航空と共同運航などで提携している。  ANAとベトナム航空は別の国際航空連合(アライアンス)に所属している。 経済成長で急増する訪日客を取り込むねらいだ。



「カイロプラクティック」 Chiropractic は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(Chiropractic) の他にもオステオパシー (Osteopathy)やスポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

アメリカ治療家「パーマー」 が創られた。

病変神経系障害により発現するとの考えに基づいて、肉体、主に脊椎関節の調整によって神経系の機能の回復を目的とした治療なのです。





カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック