脊椎・骨盤矯正とカイロプラクティック(手技療法)

// Published 2016年1月28日 by sakigakewordpressjyuku1970



 国立感染症研究所によりますと、去年一年間に報告された患者は9万2625人で、過去10年で最多でした。 「伝染性紅斑」いわゆる「リンゴ病」は、感染すると発熱のほか、頬や腕に赤い発疹ができるのが特徴で、妊娠中の女性が感染すると流産につながることがあります。 「リンゴ病」の感染が広がっています。 今月17日までの1週間の患者数も同じ時期として過去最多になっていて、厚生労働省は、うがいや手洗いをするよう呼びかけています。
タイでMERS感染が確認されたのは2例目。 タイ保健省は24日、同国を訪れたオマーン人の男性(71)が中東呼吸器症候群(MERS)に感染していることを確認し、男性と接触した可能性のある数百人の行方を追跡していると発表した。 男性は「疲れているが、意識ははっきりしている」という。  当局は、男性と接触した可能性のある250人以上の行方を追跡してる。 このうち37人はウイルスに感染している「可能性が高い」と同省は語ったが、詳細は明らかにしなかった。 「検査でMERS陽性反応が出た」ため、首都バンコク(Bangkok)にある病院に隔離された。 タイで初めてMERSが確認された際の感染者もオマーン人の高齢の男性で、昨年6月に病院に収容されたが、治療後、ウイルス陰性が確認され数週間後に退院した。 同省の声明によると、この男性はオマーンで発熱したが、同国の医師らが対処できず、22日にタイに入国。
4日間成育した後、冷凍し、10年2月に再びシャトルで回収した。 約1000個の細胞からなり、生命現象の研究に用いられるモデル生物。 無重量状態が影響して虚弱体質になったとみられる。 東谷教授は「宇宙飛行士はトレーニングで筋力維持に努めているが、内臓などは細胞レベルで働きが落ちている可能性がある。 宇宙空間で育った線虫は筋力が弱く、運動能力も低いことが、国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」での成育実験で分かった。 線虫は土壌に生息する微小生物で体長約1ミリ。 東北大大学院生命科学研究科の東谷篤志教授(分子遺伝学)のグループが2009年11月、生まれた直後の線虫約1万匹をスペースシャトルで「きぼう」に輸送。 解凍して数千匹を調べた結果、無重量状態で育った線虫は、同じ宇宙空間であっても重力を加えた線虫より筋肉量が約2割少なかった。 宇宙での長期滞在に向け、生理的な影響を検討していく必要がある」と指摘した。 宇宙での映像を見ると運動能力が低下していた。
 直接の観測にはまだ至っていないが、現在、米ハワイ(Hawaii)のW・M・ケック天文台(W. M. Keck Observatory)にある口径10メートルの望遠鏡や、すばる望遠鏡(Subaru Telescope)などが観測を試みている。 「この新惑星が太陽の周りの公転軌道を完全に1周するのには1万~2万年かかる」と推定されるという。 これは、非常に胸を躍らせることだ」と語る。 チームによると、この天体は数理モデルとコンピューターシミュレーションを通じて発見された。 米カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは20日、太陽系の最外縁部に存在する未知の巨大惑星を発見した可能性があると発表した。  研究結果は、米天文学専門誌アストロノミカル・ジャーナル(Astronomical Journal)に掲載された。 また同大学のコンスタンティン・バティギン(Konstantin Batygin)助教(惑星学)は「過去150年以上の間で初めて、太陽系の惑星探査が不完全である確かな証拠が得られた」と話している。  カリフォルニア工科大学のマイク・ブラウン(Mike Brown)教授(惑星天文学)は「これは、本物の太陽系第9番惑星とみられる」「太陽系のかなりの部分が未解明の状態。 この天体の重力は、太陽系外縁部の準惑星の動きや、海王星よりもさらに遠くにある「カイパー・ベルト(Kuiper Belt)」と呼ばれる領域の天体にも影響を与えているという。 チームが発表した声明によると、「プラネット・ナイン(Planet Nine)」の通称で呼ばれているこの天体は、地球の約10倍、冥王星の約5000倍の質量を持ち、「太陽系外縁部の異様な、非常に細長い軌道」を巡っている。
病期ごとの生存率はI・II期が100%で、III期が94.2%、IV期が52.8%だった。 全がん協は、これまで5年相対生存率を算出してきたが、加盟施設のデータが出そろったことなどから、10年相対生存率の公表に踏み切った。 今回の10年相対生存率は、データ提出施設が限られているため、施設別の生存率は公表していない。 全臨床病期の生存率は4.9%。 全臨床病期の生存率は90.9%。 KapWebの開発者である千葉県がんセンター研究所の三上春夫所長は、10年相対生存率を算出する意義について、「がんという病気は、5年や10年で終わるものではなく、私たちは長い経過の一部を切り取って評価をしている。 この10年相対生存率は、全がん協に加盟する16施設で1999年から2002年にかけて診断治療した3万5287症例が対象。 10年相対生存率が90%以上の甲状腺の症例数は505。 生存率が90%以上だったのは、甲状腺で90.9%だった一方、30%未満だったのは食道(29.7%)、胆のう胆道(19.7%)、肝(15.3%)、膵(4.9%)などだった。 これにより、がんを長い経過でとらえることができる」と話している。 データ精度を高めるために良性腫瘍や上皮内がんなどを除き、自施設診断自施設治療と他施設診断自施設治療を解析し、診断のみの症例を外した。 国立がん研究センター(国がん、堀田知光理事長)は20日、全国がん(成人病)センター協議会(全がん協、堀田会長)の協力を得て初めて集計したすべてのがんの全臨床病期の10年相対生存率が58.2%だったと発表した。 病期ごとでは、I期が29.6%でII期が11.2%、III期が3.1%、IV期が0.9%だった。 一方、生存率が30%未満の膵の症例数は895。



カイロプラクティック(Chiropractic) は、脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」 Chiropractic の他にもオステオパシー (Osteopathy)スポンディロセラピ-などの脊椎矯正法があります。

アメリカ(米国)の治療師D.D.パーマー が発明された。

病変は神経系機能障害によって発生するという哲学に基づき、、特に椎骨の指圧によって神経系機能の回復を目的とした治療法なのです。