背骨矯正とカイロプラクティック・整体

// Published 2016年7月30日 by sakigakewordpressjyuku1970

ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、腰のところに痛み発赤などを覚える状態を指し示す一般的に使用される言葉。
NO.2
世界の腰痛事情。
地域・場所で、学会の方策カルチャーや生活様式や習わしが異なっても、腰部(ようぶ)の疾患の発症の比率は、比較的変わりないのである。 WHO世界保健機関の資料では次のように述べられている。
「腰の病気の発症の度合いや有病率は、おのおのの国の至る所でほぼ一定である。
腰部(ようぶ)の病気は世界各国で仕事を休む要因のナンバー1」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰の症状の要因は日常の姿勢に起因するとの1976年のナッケムソンの発言から、欧州ヨーロッパでは作業中・家事労働中などの対策が行われている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年のヨーロッパ委員会の腰部の症状診療ガイドラインでは、欧州ヨーロッパにおける腰の疾病の一生涯発症する割合は84%で、有病割合は23%であります。
NO.5
米国での腰痛事情。
米国アメリカでは、数多くのクランケの腰部(ようぶ)の症状は原因を特定できない非特異的腰痛だということです。 このことについてナッケムソンははっきりと学会の問題点を指摘している。
アメリカでは腰部(ようぶ)の疾病のために、12ヶ月間に日本円で1000億円以上が医療費として使われていると計算されています。
NO.6
日本の腰痛事情。
日本でも腰痛が有訴者率一番(もっとも多い症状)で、日本国民の80%以上が一生涯において腰部の病気を体験しています。 大半の人は腰部の症状を訴えているが、レントゲンやMRI診断で病原が診つけられないようなケースも多い。
異常個所が特定された場合でも、そのことが腰の症状の要因でないことも珍しくなく、腰痛の人の80%が原因箇所が、特定できない(非特異的腰痛)。
ブログブログブログ



ブログ
ブログ
カイロプラクティック