手技療法(カイロプラクティック・整体)と骨盤矯正

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック



今月17日までの1週間の患者数も同じ時期として過去最多になっていて、厚生労働省は、うがいや手洗いをするよう呼びかけています。 国立感染症研究所によりますと、去年一年間に報告された患者は9万2625人で、過去10年で最多でした。 「伝染性紅斑」いわゆる「リンゴ病」は、感染すると発熱のほか、頬や腕に赤い発疹ができるのが特徴で、妊娠中の女性が感染すると流産につながることがあります。 「リンゴ病」の感染が広がっています。
ロケットを再利用できるようになり、打ち上げ費用の大幅な削減につながる。  ロケットは宇宙船部分を高度100キロ余りまで打ち上げた後、エンジン噴射で姿勢を制御しながら地上へ垂直で軟着陸した。 ロケットを点検し、点火装置などを交換、ソフトウエアにも改善を施して再利用が実現した。 宇宙船部分もパラシュートで地上へ帰還した。 一度打ち上げたロケットを再び発射し、着陸させたのは初めてと発表した。 米民間宇宙企業「ブルーオリジン」は22日、昨年11月の打ち上げ後に地上へ軟着陸させたロケットを再びテキサス州から打ち上げ、地上に再度着陸させた。  ブルーオリジンは、米ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏が創業した。 米民間宇宙企業「スペースX」も昨年12月にフロリダ州から発射したロケットを地上へ軟着陸させているが、まだ再利用はしていない。


この天体の重力は、太陽系外縁部の準惑星の動きや、海王星よりもさらに遠くにある「カイパー・ベルト(Kuiper Belt)」と呼ばれる領域の天体にも影響を与えているという。 チームによると、この天体は数理モデルとコンピューターシミュレーションを通じて発見された。 チームが発表した声明によると、「プラネット・ナイン(Planet Nine)」の通称で呼ばれているこの天体は、地球の約10倍、冥王星の約5000倍の質量を持ち、「太陽系外縁部の異様な、非常に細長い軌道」を巡っている。 また同大学のコンスタンティン・バティギン(Konstantin Batygin)助教(惑星学)は「過去150年以上の間で初めて、太陽系の惑星探査が不完全である確かな証拠が得られた」と話している。 「この新惑星が太陽の周りの公転軌道を完全に1周するのには1万~2万年かかる」と推定されるという。  直接の観測にはまだ至っていないが、現在、米ハワイ(Hawaii)のW・M・ケック天文台(W. M. Keck Observatory)にある口径10メートルの望遠鏡や、すばる望遠鏡(Subaru Telescope)などが観測を試みている。 カリフォルニア工科大学のマイク・ブラウン(Mike Brown)教授(惑星天文学)は「これは、本物の太陽系第9番惑星とみられる」「太陽系のかなりの部分が未解明の状態。  研究結果は、米天文学専門誌アストロノミカル・ジャーナル(Astronomical Journal)に掲載された。 これは、非常に胸を躍らせることだ」と語る。 米カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは20日、太陽系の最外縁部に存在する未知の巨大惑星を発見した可能性があると発表した。
1か所あたり1・0人を超えるのは、2011年7月以来。 通常は1~2週間で治るが、無菌性髄膜炎や脳炎などを引き起こすことがあり、0・1~1%の確率で難聴になる。  感染研感染症疫学センターの砂川富正・第二室長は「おたふく風邪の流行は4~5年周期で起こる傾向があり、今年は流行する可能性がある。 まとめによると、今月4~10日に、全国約3000の小児科から報告のあった患者数は3771人で、1か所当たり1・2人となった。  おたふく風邪はムンプスウイルスの感染で起きる。 おたふく風邪(流行性耳下腺炎)が今年に入り、4年半ぶりに全国的な流行の兆しを見せていることが、国立感染症研究所のまとめでわかった。 ワクチンを接種して予防することも重要だ」と話している。 1か所当たりの患者数が多い都道府県は、佐賀(5人)、宮崎(4・23人)、石川(3・31人)で、各県とも流行注意報を発令した。 2~3週間の潜伏期間後、耳の下が腫れ、発熱する。



カイロプラクティック(Chiropractic) は脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」 (Chiropractic) の他にも「オステオパシー」スポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

アメリカの治療師「パーマー」(1845~1913) が創始された。

疾病は神経系の機能の障害から起るという哲学に基づいて、、主に背骨矯正によって神経の機能の回復を目指した施術です。





カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック

脊椎矯正と整体・カイロプラクティック(手技療法)



 これに対し、製薬会社やバイオ企業などの業界団体である「米国研究製薬工業協会」(Pharmaceutical Research and Manufacturers of America:PhRMA)は、シュクレリ氏は薬の開発をしているわけではなく、古い薬の製造販売権を買収して薬価を上げただけで、製薬会社ではなく投資家である、と反論しています。 たとえば、『ニューズウィーク』誌によると、クリントン政権時の労働長官で、現カリフォルニア大学バークレー校公共政策大学院教授のロバート・ライシュ氏は、「シュクレリ氏のやったこと(薬価の大幅値上げ)は、巨大製薬会社がずっとやってきたことだ」と指摘しています。 米製薬会社「チューリング医薬品(Turing Pharmaceuticals)」の32歳のCEO(最高経営責任者)マーチン・シュクレリ氏が同年8月、ダラプリムの製造販売権を買収し、なんと、一晩で薬価を1錠13.50ドル(約1620円)から750ドル(約9万円)へ、実に55倍以上も引き上げたのです。 しかも、ほとんどの州の民間保険会社も、メディケアに準拠します。 これは妊婦が感染すると死産や流産を、あるいは免疫力が低下しているエイズ患者や一部のがん患者などが感染すると重篤な脳症から場合によっては死に至るというトキソプラズマ症や、高熱や頭痛を引き起こす感染症であるマラリアの治療薬として利用されています。 ところが、元々がヘッジファンドマネージャーであったシュクレリ氏は、人々の注目を浴びたがる究極のナルシストとも言われ、傲慢な態度でテレビに出演したりソーシャルメディアに情報を発信したことで、皮肉にも、連邦捜査局(FBI)や証券取引委員会(SEC)の調査のターゲットになりました。 通称「ダラプリム」と呼ばれる、62年前に開発された薬剤をご存じでしょうか。 1つ目は、米国の高齢者および障害者向けの公的医療保険制度であるメディケアによって、アメリカ食品医薬品局(FDA)で承認されたすべての抗がん剤の治療費を公的保険でカバーしなければならなくなったことに起因します。 つまり、製薬会社が自由に薬価を設定できるのです。 【Drug Goes From $13.50 a Tablet to $750, Overnight,The New York Times,Sept.20】【Reviled drug CEO Martin Shkreli arrested,CNN money,Dec.17】■製薬会社が自由に薬価を吊り上げ 2003年、米国の連邦法として定められた法律「メディケア処方薬剤改善、近代化法」は、製薬会社に2つの大きな利益をもたらしました。 つまり、製薬会社にとっては薬剤の販売チャンスが飛躍的に増大することになりました。 昨年9月、その薬剤に関するニュースが全米の注目を集めました。 その結果、昨年末の12月17日、彼が以前所有していた会社が「ポンジ・スキーム」と呼ばれる投資詐欺を行っていた容疑で逮捕されました。 しかし、米国の製薬会社は、シュクレリ氏のように薬価を一気に55倍は上げていなくても、がんや高コレステロール血症、糖尿病などの薬価を毎年10%以上も上げています。 その事件が契機となり、再び米国で薬価高騰の問題に関心が集まっているのです。 それだけに、シュクレリ氏の事件後、専門家や識者らは製薬会社への批判を強めました。 米メディアはシュクレリ氏を「米国で最も嫌われる男」と呼んだほどでした。 2つ目は、米国では政府が薬価について製薬会社を規制できないことになりました。 この2点によって、製薬会社が、古い薬でも新しい薬でも価格を思うままコントロールできる環境が生み出されました。 すなわち、シュクレリ氏がダラプリムの薬価を一挙に55倍以上も上げたことは、不道徳ではあっても、政府が薬価を規制する日本を含む多くの他の国と違い、米国では全く合法なのです。 そうした実態があるからこそ、ライシュ教授の指摘に多くの人が共感するのです。
木の中で繁殖し、自ら産んだ卵でオタマジャクシを育てる奇妙なカエルがおよそ140年ぶりにインドの北東部で再発見された。  メスは木のうろの内側に卵を産み付ける。 そこには水が溜まっており、オタマジャクシが孵化すると水の中に落ちる。 オタマジャクシと同じ水の中に隠れていたメスを、私たちは過去の研究で見つけています」 複数のメスが使ううろもあったことから、子どもに食事を提供し続ける負担を分かち合うカエルのコミュニティの存在も考えられるという。 同論文の共著者であるベルギー、ブリュッセル自由大学両生類進化研究所のイネス・ファン・ボクラール氏は、このカエルのDNA、奇妙な繁殖行動、そして生体構造は、「カエルの進化の過程におけるごく初期での枝分かれを示している」と言う。 メスはその場所で、オタマジャクシが小さなカエルになるまで自ら産んだ無精卵を食べさせるのだ。 「メスが営巣地に残っている可能性もあります。 氏は Polypedates jerdonii と命名したが、今回の調査のリーダーを務めるインド、デリー大学の生物学者サティアバマ・ダス・ビジュ氏らの研究により、まったく新しい属であることが判明。 集団で子育て? 研究チームは、メガラヤ州の東カシ丘陵地区で、最大19個のカエルの卵が入ったオタマジャクシを発見した。 なお、他のカエルのオタマジャクシの食料はたいてい植物性である。 氏は、メスが木のうろに戻ってはオタマジャクシの胃を卵で満タンにしているのではないかと考えている。  19世紀に、体長およそ5cmのこのカエルをインドのダージリン地方で初めて発見したのは英国の動物学者トーマス・ジェルドン氏だ。 新たに Frankixalus jerdonii と名付けられ、1月20日付の科学誌「PLOS ONE」で発表された。 エサを産み落とすところは観測できなかったが、1度に1つずつ産卵できる風変わりなチューブ状の組織がメスの生殖器から伸びているとビジュ氏は記している。 「彼らが母親の卵のみを食べていることは明らかです」とビジュ氏は言う。  科学者らは竹の中や木のうろに隠れているカエルを観察した。 彼らはそこで驚くべき芸当をやってのける。 このカエルが最後に記録されたのは1870年で、絶滅したと考えられていたが、2007年に開始した3年にわたる調査で科学者らが発見した。
兵庫県立大西はりま天文台(同県佐用町西河内)で21日、世界最大の公開望遠鏡「なゆた」の口径2メートルの主鏡(反射鏡)が、補修に伴い7年ぶりに搬出された。 宇宙を観測し続けたことで、大気中の汚れなどが表面に付着したため。 反射率は60%台から約90%に回復する見込みという。 作業を見守った同天文台の研究員は「とにかく無事に、元通りになって戻ってきてほしい」と話していた。 3月上旬にはメンテナンスを終え、再び鮮明な星空を映し出す予定。 同天文台では厚さ最大20センチ、重さ約1トンもの主鏡をはじめ、なゆたを構成する3種類の反射鏡を4日かけて慎重に搬出。  なゆたは、一般の人たちが観測可能な望遠鏡としては、世界一の大きさを誇る。 2004年に設置され、08年12月~09年3月には、初めての補修作業が欧州で行われた。 今回は茨城県の工場に搬送し、表面のアルミニウム膜を張り直す「再蒸着(さいじょうちゃく)」を施す。
妊娠、出産の時期にヨーグルトなどで腸内環境を整えることはリスク軽減や予防につながる可能性がある」と説明した。 人の場合、産道を通るときから細菌を摂取し、腸管で腸内細菌を育む。 逆に腸内細菌を減らした母マウスの子が、正常な母マウスに育てられると正常な行動を示したことから、出生後に脳の発達が受ける影響があるとみられる。 福井大学の研究チームは20日、腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性があることを妊娠マウスの実験で示したと発表した。 栃谷特命助教は「発達障害の原因はさまざまあり、母親の腸内細菌の減少、バランスの乱れはあくまでリスクの一つ。  これとは別に、正常な母マウスから生まれた子を生後すぐ、腸内細菌を減らした母マウスに育てさせても生後4週で暗闇での活動低下など異常が見られた。 実験では、妊娠期の母マウスに細菌の増殖を抑える抗生物質を飲ませ、腸内細菌を減らしてバランスを乱し、その後生まれた子を観察した。 母子の健康に影響を与えるとされる腸内細菌に着目した。 正常な母マウスから生まれた子と比べ、生後4週で平均体重が約2グラム(約12%)軽く、夜行性なのに暗闇での活動が低下し、広い空間では不安から壁沿いを移動するなどの異常が見られた。 米オンライン科学誌プロスワンに論文が掲載される。 栃谷特命助教は「健康効果がある微生物プロバイオティクスなどを母子マウスに投与して腸内環境を整え、子の異常行動を予防できるかの研究も始めている」と話した。 母体の腸内環境悪化と子どもの脳の発達異常について関連性を示唆する内容で、仕組みの解明や予防につながる成果と期待される。 ただ、脳の発達に腸内細菌がどう関与するかは不明で、研究チームは仕組みの解明を目指す。 生後7~8週でも低体重、壁沿いの移動の異常があった。 産後も授乳などで母親の皮膚から細菌が入るという。  研究チームは、福井大子どものこころの発達研究センターの栃谷史郎特命助教、松崎秀夫教授ら。
病期ごとの生存率はI・II期が100%で、III期が94.2%、IV期が52.8%だった。 全がん協は、これまで5年相対生存率を算出してきたが、加盟施設のデータが出そろったことなどから、10年相対生存率の公表に踏み切った。 今回の10年相対生存率は、データ提出施設が限られているため、施設別の生存率は公表していない。 全臨床病期の生存率は4.9%。 全臨床病期の生存率は90.9%。 KapWebの開発者である千葉県がんセンター研究所の三上春夫所長は、10年相対生存率を算出する意義について、「がんという病気は、5年や10年で終わるものではなく、私たちは長い経過の一部を切り取って評価をしている。 この10年相対生存率は、全がん協に加盟する16施設で1999年から2002年にかけて診断治療した3万5287症例が対象。 10年相対生存率が90%以上の甲状腺の症例数は505。 生存率が90%以上だったのは、甲状腺で90.9%だった一方、30%未満だったのは食道(29.7%)、胆のう胆道(19.7%)、肝(15.3%)、膵(4.9%)などだった。 これにより、がんを長い経過でとらえることができる」と話している。 データ精度を高めるために良性腫瘍や上皮内がんなどを除き、自施設診断自施設治療と他施設診断自施設治療を解析し、診断のみの症例を外した。 国立がん研究センター(国がん、堀田知光理事長)は20日、全国がん(成人病)センター協議会(全がん協、堀田会長)の協力を得て初めて集計したすべてのがんの全臨床病期の10年相対生存率が58.2%だったと発表した。 病期ごとでは、I期が29.6%でII期が11.2%、III期が3.1%、IV期が0.9%だった。 一方、生存率が30%未満の膵の症例数は895。



「カイロプラクティック」 (Chiropractic) は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正法)以外にも「オステオパシー」やスポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。

アメリカの治療師「D.D.パーマー 」(1845~1913) が体系づけられた。

疾患神経系機能の障害により起きるという哲学に基づき、、特に椎骨の指圧により神経機能回復をはかろうとする治療法なのです。

脊椎・骨盤矯正と整体・カイロプラクティック



今年8月5日から夏季五輪の開催を控えているブラジルにとっては、憂慮すべき事態だ。 そのためWHOは、「ジカウイルスは今後も広がり続け、両大陸の中でネッタイシマカが生息するあらゆる国と地域に到達する可能性が高い」と警鐘を鳴らしている。 同国での小頭症の症例はかつて年間160件程度だったが、北東部での急増が指摘され始めた昨年10月以降、すでに3893例が報告されている。 ■性感染の可能性も?ブラジルを中心とした中南米で感染例が急増していることを受けて、米国など一部の国の政府は妊娠中の女性に対し、同域への渡航を自粛するよう勧告を出した。 その一方で、血液感染する恐れもあり、ヒトの精液からも検出されている上、「性交渉によりヒトからヒトへ感染した可能性を示す事例も1件ある」と述べている。 またジカウイルスは、デング熱やチクングンヤ熱のウイルスも媒介する蚊の一種「ネッタイシマカ」を通じて感染が広がるが、WHOはこの種が米大陸のうちカナダとチリを除く全域に生息していることを強調している。 妊婦が感染すると、胎児に頭部が異常に小さくなる小頭症という病気をもたらす可能性が指摘されているが、その因果関係はまだ立証されていない。 コロンビア、エクアドル、エルサルバドル、ジャマイカの4か国は、自国の女性らに対し、妊娠自体避けるよう呼び掛けている。 これについてはブラジルでも、保健当局者の中には賛意を示す者もいるものの、国の公式見解としては女性たちに蚊に刺されないよう注意を喚起するにとどまっている。 WHOの声明によると、このウイルスは米大陸の55か国・地域のうち21ですでに存在している。 ジカウイルスは、感染しても大半の人はインフルエンザのような症状を短期間にわたり経験するのみで終わる。  米大陸ではこれまでジカ熱流行の経験がなく、昨年5月にブラジルで確認されるまでは人々のウイルスに対する免疫がなかったことも、ウイルスの急速な拡散の原因になったとされる。  WHOは、ジカウイルスがネッタイシマカによって媒介されていることは確認されているが、その他の感染経路を示す証拠は限られているとしている。
一度打ち上げたロケットを再び発射し、着陸させたのは初めてと発表した。 米民間宇宙企業「ブルーオリジン」は22日、昨年11月の打ち上げ後に地上へ軟着陸させたロケットを再びテキサス州から打ち上げ、地上に再度着陸させた。 ロケットを再利用できるようになり、打ち上げ費用の大幅な削減につながる。 宇宙船部分もパラシュートで地上へ帰還した。 ロケットは宇宙船部分を高度100キロ余りまで打ち上げた後、エンジン噴射で姿勢を制御しながら地上へ垂直で軟着陸した。  ブルーオリジンは、米ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏が創業した。 ロケットを点検し、点火装置などを交換、ソフトウエアにも改善を施して再利用が実現した。  米民間宇宙企業「スペースX」も昨年12月にフロリダ州から発射したロケットを地上へ軟着陸させているが、まだ再利用はしていない。


生後7~8週でも低体重、壁沿いの移動の異常があった。 実験では、妊娠期の母マウスに細菌の増殖を抑える抗生物質を飲ませ、腸内細菌を減らしてバランスを乱し、その後生まれた子を観察した。 ただ、脳の発達に腸内細菌がどう関与するかは不明で、研究チームは仕組みの解明を目指す。 産後も授乳などで母親の皮膚から細菌が入るという。 人の場合、産道を通るときから細菌を摂取し、腸管で腸内細菌を育む。 福井大学の研究チームは20日、腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性があることを妊娠マウスの実験で示したと発表した。  正常な母マウスから生まれた子と比べ、生後4週で平均体重が約2グラム(約12%)軽く、夜行性なのに暗闇での活動が低下し、広い空間では不安から壁沿いを移動するなどの異常が見られた。 妊娠、出産の時期にヨーグルトなどで腸内環境を整えることはリスク軽減や予防につながる可能性がある」と説明した。 米オンライン科学誌プロスワンに論文が掲載される。 栃谷特命助教は「発達障害の原因はさまざまあり、母親の腸内細菌の減少、バランスの乱れはあくまでリスクの一つ。 母子の健康に影響を与えるとされる腸内細菌に着目した。  これとは別に、正常な母マウスから生まれた子を生後すぐ、腸内細菌を減らした母マウスに育てさせても生後4週で暗闇での活動低下など異常が見られた。 栃谷特命助教は「健康効果がある微生物プロバイオティクスなどを母子マウスに投与して腸内環境を整え、子の異常行動を予防できるかの研究も始めている」と話した。 母体の腸内環境悪化と子どもの脳の発達異常について関連性を示唆する内容で、仕組みの解明や予防につながる成果と期待される。 逆に腸内細菌を減らした母マウスの子が、正常な母マウスに育てられると正常な行動を示したことから、出生後に脳の発達が受ける影響があるとみられる。  研究チームは、福井大子どものこころの発達研究センターの栃谷史郎特命助教、松崎秀夫教授ら。
厚生労働省のホームページ(HP)が25日夜から閲覧できなくなっていた問題で、HPが26日午後0時50分ごろ、約15時間ぶりに復旧した。 厚労省は警視庁公安部に連絡するとともに、調査をしている。 厚労省のHPは昨年11月にも外部から大量のデータを送りつけられるサイバー攻撃を受け、閲覧できない状態になった。  厚労省によると、25日午後9時半過ぎから、大量のデータを送り付けてサービス不能にする「DDoS攻撃」を受けたとみられる。 同日午後10時20分ごろ、国際的なハッカー集団アノニマスのものとみられるツイッターに、厚労省に対するサイバー攻撃を示唆する投稿があったという。 このときもアノニマスのものとみられるツイッターに攻撃を示唆する投稿があった。



カイロプラクティック(脊椎指圧療法)は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック 「Chiropractic」 の他に「オステオパシー」やスポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

アメリカ(米国)治療家「ダニエル・デビッド・パーマー」(1845~1913) が創られた。

病態神経系の機能障害により起るとの哲学に基づいて、肉体、特に脊椎関節の矯正により神経の機能回復をはかろうとする治療法なのです。

背骨矯正と整体

ブログ ブログ カイロプラクティック



またジカウイルスは、デング熱やチクングンヤ熱のウイルスも媒介する蚊の一種「ネッタイシマカ」を通じて感染が広がるが、WHOはこの種が米大陸のうちカナダとチリを除く全域に生息していることを強調している。 コロンビア、エクアドル、エルサルバドル、ジャマイカの4か国は、自国の女性らに対し、妊娠自体避けるよう呼び掛けている。 今年8月5日から夏季五輪の開催を控えているブラジルにとっては、憂慮すべき事態だ。 同国での小頭症の症例はかつて年間160件程度だったが、北東部での急増が指摘され始めた昨年10月以降、すでに3893例が報告されている。 そのためWHOは、「ジカウイルスは今後も広がり続け、両大陸の中でネッタイシマカが生息するあらゆる国と地域に到達する可能性が高い」と警鐘を鳴らしている。 ■性感染の可能性も?ブラジルを中心とした中南米で感染例が急増していることを受けて、米国など一部の国の政府は妊娠中の女性に対し、同域への渡航を自粛するよう勧告を出した。 妊婦が感染すると、胎児に頭部が異常に小さくなる小頭症という病気をもたらす可能性が指摘されているが、その因果関係はまだ立証されていない。 その一方で、血液感染する恐れもあり、ヒトの精液からも検出されている上、「性交渉によりヒトからヒトへ感染した可能性を示す事例も1件ある」と述べている。 これについてはブラジルでも、保健当局者の中には賛意を示す者もいるものの、国の公式見解としては女性たちに蚊に刺されないよう注意を喚起するにとどまっている。 WHOは、ジカウイルスがネッタイシマカによって媒介されていることは確認されているが、その他の感染経路を示す証拠は限られているとしている。 米大陸ではこれまでジカ熱流行の経験がなく、昨年5月にブラジルで確認されるまでは人々のウイルスに対する免疫がなかったことも、ウイルスの急速な拡散の原因になったとされる。 WHOの声明によると、このウイルスは米大陸の55か国・地域のうち21ですでに存在している。 ジカウイルスは、感染しても大半の人はインフルエンザのような症状を短期間にわたり経験するのみで終わる。
ロケットを再利用できるようになり、打ち上げ費用の大幅な削減につながる。  ロケットは宇宙船部分を高度100キロ余りまで打ち上げた後、エンジン噴射で姿勢を制御しながら地上へ垂直で軟着陸した。 ロケットを点検し、点火装置などを交換、ソフトウエアにも改善を施して再利用が実現した。 宇宙船部分もパラシュートで地上へ帰還した。 一度打ち上げたロケットを再び発射し、着陸させたのは初めてと発表した。 米民間宇宙企業「ブルーオリジン」は22日、昨年11月の打ち上げ後に地上へ軟着陸させたロケットを再びテキサス州から打ち上げ、地上に再度着陸させた。  ブルーオリジンは、米ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏が創業した。 米民間宇宙企業「スペースX」も昨年12月にフロリダ州から発射したロケットを地上へ軟着陸させているが、まだ再利用はしていない。


逆に腸内細菌を減らした母マウスの子が、正常な母マウスに育てられると正常な行動を示したことから、出生後に脳の発達が受ける影響があるとみられる。 これとは別に、正常な母マウスから生まれた子を生後すぐ、腸内細菌を減らした母マウスに育てさせても生後4週で暗闇での活動低下など異常が見られた。 産後も授乳などで母親の皮膚から細菌が入るという。 栃谷特命助教は「健康効果がある微生物プロバイオティクスなどを母子マウスに投与して腸内環境を整え、子の異常行動を予防できるかの研究も始めている」と話した。 母子の健康に影響を与えるとされる腸内細菌に着目した。 栃谷特命助教は「発達障害の原因はさまざまあり、母親の腸内細菌の減少、バランスの乱れはあくまでリスクの一つ。 母体の腸内環境悪化と子どもの脳の発達異常について関連性を示唆する内容で、仕組みの解明や予防につながる成果と期待される。 米オンライン科学誌プロスワンに論文が掲載される。 研究チームは、福井大子どものこころの発達研究センターの栃谷史郎特命助教、松崎秀夫教授ら。 生後7~8週でも低体重、壁沿いの移動の異常があった。 妊娠、出産の時期にヨーグルトなどで腸内環境を整えることはリスク軽減や予防につながる可能性がある」と説明した。 福井大学の研究チームは20日、腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性があることを妊娠マウスの実験で示したと発表した。 人の場合、産道を通るときから細菌を摂取し、腸管で腸内細菌を育む。 ただ、脳の発達に腸内細菌がどう関与するかは不明で、研究チームは仕組みの解明を目指す。 実験では、妊娠期の母マウスに細菌の増殖を抑える抗生物質を飲ませ、腸内細菌を減らしてバランスを乱し、その後生まれた子を観察した。  正常な母マウスから生まれた子と比べ、生後4週で平均体重が約2グラム(約12%)軽く、夜行性なのに暗闇での活動が低下し、広い空間では不安から壁沿いを移動するなどの異常が見られた。
 まとめによると、今月4~10日に、全国約3000の小児科から報告のあった患者数は3771人で、1か所当たり1・2人となった。  感染研感染症疫学センターの砂川富正・第二室長は「おたふく風邪の流行は4~5年周期で起こる傾向があり、今年は流行する可能性がある。  1か所当たりの患者数が多い都道府県は、佐賀(5人)、宮崎(4・23人)、石川(3・31人)で、各県とも流行注意報を発令した。 2~3週間の潜伏期間後、耳の下が腫れ、発熱する。 1か所あたり1・0人を超えるのは、2011年7月以来。 通常は1~2週間で治るが、無菌性髄膜炎や脳炎などを引き起こすことがあり、0・1~1%の確率で難聴になる。 おたふく風邪(流行性耳下腺炎)が今年に入り、4年半ぶりに全国的な流行の兆しを見せていることが、国立感染症研究所のまとめでわかった。 おたふく風邪はムンプスウイルスの感染で起きる。 ワクチンを接種して予防することも重要だ」と話している。



カイロプラクティック Chiropractic は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック 「Chiropractic」 以外にオステオパシー・スポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。

米国の治療家ダニエル・デビッド・パーマー が発明された。

病変神経の機能の障害により発生するという理論に基づいて、肉体、特に椎骨の関節の調整によって神経の機能の回復をはかろうとする治療なのです。





脊柱側彎症を改善する .
脊柱側彎症を改善する .
脊柱側彎症を改善する .
脊柱側彎症を改善する .
脊柱側彎症を改善する .
猫背 .
片頭痛と背骨矯正 .

骨盤矯正と整体・カイロプラクティック(手技療法)

ブログ ブログ カイロプラクティック



2014年度の的中率は83%だったが、大震災が起き、余震が続いた10~11年度は28~56%と低かった。  こうした弱点を補う高精度化事業は2段階で進める。 気象庁は今春にも緊急地震速報の高精度化事業を始める。  現在の予測システムは、東日本大震災のような巨大地震や、ほぼ同時に二つの地震が発生した場合などに精度が低下しやすい。 だが、ほぼ同時に二つの地震が発生すると、震源が一つの大きな地震と誤認し、予測が過大になる傾向がある。 従来の震度予測手法を大幅に改良するとともに新手法も導入し、併用することで、予測した震度と実測の誤差が1以内に収まる「的中率」が85%以上となる精度を目指す。 第1段階は、従来の予測手法の改良だ。 現在は、最初に揺れをとらえた観測点のデータを主に利用して、震源や地震の規模を推定し、各地の震度を予測する。
タイでMERS感染が確認されたのは2例目。 タイ保健省は24日、同国を訪れたオマーン人の男性(71)が中東呼吸器症候群(MERS)に感染していることを確認し、男性と接触した可能性のある数百人の行方を追跡していると発表した。 男性は「疲れているが、意識ははっきりしている」という。  当局は、男性と接触した可能性のある250人以上の行方を追跡してる。 このうち37人はウイルスに感染している「可能性が高い」と同省は語ったが、詳細は明らかにしなかった。 「検査でMERS陽性反応が出た」ため、首都バンコク(Bangkok)にある病院に隔離された。 タイで初めてMERSが確認された際の感染者もオマーン人の高齢の男性で、昨年6月に病院に収容されたが、治療後、ウイルス陰性が確認され数週間後に退院した。 同省の声明によると、この男性はオマーンで発熱したが、同国の医師らが対処できず、22日にタイに入国。
無重量状態が影響して虚弱体質になったとみられる。  東谷教授は「宇宙飛行士はトレーニングで筋力維持に努めているが、内臓などは細胞レベルで働きが落ちている可能性がある。 宇宙での長期滞在に向け、生理的な影響を検討していく必要がある」と指摘した。 宇宙での映像を見ると運動能力が低下していた。 約1000個の細胞からなり、生命現象の研究に用いられるモデル生物。 宇宙空間で育った線虫は筋力が弱く、運動能力も低いことが、国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」での成育実験で分かった。 解凍して数千匹を調べた結果、無重量状態で育った線虫は、同じ宇宙空間であっても重力を加えた線虫より筋肉量が約2割少なかった。  線虫は土壌に生息する微小生物で体長約1ミリ。 東北大大学院生命科学研究科の東谷篤志教授(分子遺伝学)のグループが2009年11月、生まれた直後の線虫約1万匹をスペースシャトルで「きぼう」に輸送。 4日間成育した後、冷凍し、10年2月に再びシャトルで回収した。
この天体の重力は、太陽系外縁部の準惑星の動きや、海王星よりもさらに遠くにある「カイパー・ベルト(Kuiper Belt)」と呼ばれる領域の天体にも影響を与えているという。 チームによると、この天体は数理モデルとコンピューターシミュレーションを通じて発見された。 チームが発表した声明によると、「プラネット・ナイン(Planet Nine)」の通称で呼ばれているこの天体は、地球の約10倍、冥王星の約5000倍の質量を持ち、「太陽系外縁部の異様な、非常に細長い軌道」を巡っている。 また同大学のコンスタンティン・バティギン(Konstantin Batygin)助教(惑星学)は「過去150年以上の間で初めて、太陽系の惑星探査が不完全である確かな証拠が得られた」と話している。 「この新惑星が太陽の周りの公転軌道を完全に1周するのには1万~2万年かかる」と推定されるという。  直接の観測にはまだ至っていないが、現在、米ハワイ(Hawaii)のW・M・ケック天文台(W. M. Keck Observatory)にある口径10メートルの望遠鏡や、すばる望遠鏡(Subaru Telescope)などが観測を試みている。 カリフォルニア工科大学のマイク・ブラウン(Mike Brown)教授(惑星天文学)は「これは、本物の太陽系第9番惑星とみられる」「太陽系のかなりの部分が未解明の状態。  研究結果は、米天文学専門誌アストロノミカル・ジャーナル(Astronomical Journal)に掲載された。 これは、非常に胸を躍らせることだ」と語る。 米カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは20日、太陽系の最外縁部に存在する未知の巨大惑星を発見した可能性があると発表した。





カイロプラクティック Chiropractic は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正法)の他にオステオパシー (Osteopathy)スポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

米国(アメリカ)治療師「パーマー」 が創始された。

病気は神経障害で起るという考えに基づいて、体、特に脊椎関節の矯正で神経機能の回復を目的とした施術方法なのです。





頭痛 .
頭痛 .
頭痛 .
頭痛 .
頭痛 .
猫背を治す .
筋緊張型頭痛と「もみほぐし」 .

脊椎・骨盤矯正





一度打ち上げたロケットを再び発射し、着陸させたのは初めてと発表した。 米民間宇宙企業「ブルーオリジン」は22日、昨年11月の打ち上げ後に地上へ軟着陸させたロケットを再びテキサス州から打ち上げ、地上に再度着陸させた。 ロケットを再利用できるようになり、打ち上げ費用の大幅な削減につながる。 宇宙船部分もパラシュートで地上へ帰還した。 ロケットは宇宙船部分を高度100キロ余りまで打ち上げた後、エンジン噴射で姿勢を制御しながら地上へ垂直で軟着陸した。  ブルーオリジンは、米ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏が創業した。 ロケットを点検し、点火装置などを交換、ソフトウエアにも改善を施して再利用が実現した。  米民間宇宙企業「スペースX」も昨年12月にフロリダ州から発射したロケットを地上へ軟着陸させているが、まだ再利用はしていない。
無重量状態が影響して虚弱体質になったとみられる。  東谷教授は「宇宙飛行士はトレーニングで筋力維持に努めているが、内臓などは細胞レベルで働きが落ちている可能性がある。 宇宙での長期滞在に向け、生理的な影響を検討していく必要がある」と指摘した。 宇宙での映像を見ると運動能力が低下していた。 約1000個の細胞からなり、生命現象の研究に用いられるモデル生物。 宇宙空間で育った線虫は筋力が弱く、運動能力も低いことが、国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」での成育実験で分かった。 解凍して数千匹を調べた結果、無重量状態で育った線虫は、同じ宇宙空間であっても重力を加えた線虫より筋肉量が約2割少なかった。  線虫は土壌に生息する微小生物で体長約1ミリ。 東北大大学院生命科学研究科の東谷篤志教授(分子遺伝学)のグループが2009年11月、生まれた直後の線虫約1万匹をスペースシャトルで「きぼう」に輸送。 4日間成育した後、冷凍し、10年2月に再びシャトルで回収した。
20歳未満が全体の9割強を占めた。 発症した時期は9月に集中していた。 原因不明のまひを起こす子どもが昨年夏から相次いだ問題で、国立感染症研究所(感染研)は19日、実態調査の最新情報を明らかにした。 まひが出た患者の報告は昨年10月時点では47人だった。 昨年8月から12月3日までに報告された患者は、大人も含めて26都府県の男女66人としている。 性別は男性35人、女性30人、不明1人。 感染研によると、12月3日現在の患者66人のうち6歳以下は41人。  原因不明のまひは、発熱やせきなどの症状が出た後に起き、一部の患者から「エンテロウイルスD68」が検出されている。
 厚労省のHPは昨年11月にも外部から大量のデータを送りつけられるサイバー攻撃を受け、閲覧できない状態になった。 厚労省は警視庁公安部に連絡するとともに、調査をしている。 厚生労働省のホームページ(HP)が25日夜から閲覧できなくなっていた問題で、HPが26日午後0時50分ごろ、約15時間ぶりに復旧した。  厚労省によると、25日午後9時半過ぎから、大量のデータを送り付けてサービス不能にする「DDoS攻撃」を受けたとみられる。 同日午後10時20分ごろ、国際的なハッカー集団アノニマスのものとみられるツイッターに、厚労省に対するサイバー攻撃を示唆する投稿があったという。 このときもアノニマスのものとみられるツイッターに攻撃を示唆する投稿があった。



カイロプラクティック Chiropractic は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック以外にオステオパシー (Osteopathy)やスポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

アメリカの治療師パーマー が創始された。

病変は神経系の機能の障害から起るという考え方に基づいて、身体、主に脊柱の矯正によって神経の機能回復をしようとする治療法です。

骨格矯正と整体



またジカウイルスは、デング熱やチクングンヤ熱のウイルスも媒介する蚊の一種「ネッタイシマカ」を通じて感染が広がるが、WHOはこの種が米大陸のうちカナダとチリを除く全域に生息していることを強調している。 同国での小頭症の症例はかつて年間160件程度だったが、北東部での急増が指摘され始めた昨年10月以降、すでに3893例が報告されている。 WHOの声明によると、このウイルスは米大陸の55か国・地域のうち21ですでに存在している。 妊婦が感染すると、胎児に頭部が異常に小さくなる小頭症という病気をもたらす可能性が指摘されているが、その因果関係はまだ立証されていない。 米大陸ではこれまでジカ熱流行の経験がなく、昨年5月にブラジルで確認されるまでは人々のウイルスに対する免疫がなかったことも、ウイルスの急速な拡散の原因になったとされる。 今年8月5日から夏季五輪の開催を控えているブラジルにとっては、憂慮すべき事態だ。 これについてはブラジルでも、保健当局者の中には賛意を示す者もいるものの、国の公式見解としては女性たちに蚊に刺されないよう注意を喚起するにとどまっている。 コロンビア、エクアドル、エルサルバドル、ジャマイカの4か国は、自国の女性らに対し、妊娠自体避けるよう呼び掛けている。 ■性感染の可能性も? ブラジルを中心とした中南米で感染例が急増していることを受けて、米国など一部の国の政府は妊娠中の女性に対し、同域への渡航を自粛するよう勧告を出した。 そのためWHOは、「ジカウイルスは今後も広がり続け、両大陸の中でネッタイシマカが生息するあらゆる国と地域に到達する可能性が高い」と警鐘を鳴らしている。 その一方で、血液感染する恐れもあり、ヒトの精液からも検出されている上、「性交渉によりヒトからヒトへ感染した可能性を示す事例も1件ある」と述べている。 ジカウイルスは、感染しても大半の人はインフルエンザのような症状を短期間にわたり経験するのみで終わる。 WHOは、ジカウイルスがネッタイシマカによって媒介されていることは確認されているが、その他の感染経路を示す証拠は限られているとしている。
一度打ち上げたロケットを再び発射し、着陸させたのは初めてと発表した。 米民間宇宙企業「ブルーオリジン」は22日、昨年11月の打ち上げ後に地上へ軟着陸させたロケットを再びテキサス州から打ち上げ、地上に再度着陸させた。 ロケットを再利用できるようになり、打ち上げ費用の大幅な削減につながる。 宇宙船部分もパラシュートで地上へ帰還した。 ロケットは宇宙船部分を高度100キロ余りまで打ち上げた後、エンジン噴射で姿勢を制御しながら地上へ垂直で軟着陸した。  ブルーオリジンは、米ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏が創業した。 ロケットを点検し、点火装置などを交換、ソフトウエアにも改善を施して再利用が実現した。  米民間宇宙企業「スペースX」も昨年12月にフロリダ州から発射したロケットを地上へ軟着陸させているが、まだ再利用はしていない。
宇宙を観測し続けたことで、大気中の汚れなどが表面に付着したため。  なゆたは、一般の人たちが観測可能な望遠鏡としては、世界一の大きさを誇る。 反射率は60%台から約90%に回復する見込みという。 2004年に設置され、08年12月~09年3月には、初めての補修作業が欧州で行われた。 3月上旬にはメンテナンスを終え、再び鮮明な星空を映し出す予定。 作業を見守った同天文台の研究員は「とにかく無事に、元通りになって戻ってきてほしい」と話していた。 兵庫県立大西はりま天文台(同県佐用町西河内)で21日、世界最大の公開望遠鏡「なゆた」の口径2メートルの主鏡(反射鏡)が、補修に伴い7年ぶりに搬出された。 同天文台では厚さ最大20センチ、重さ約1トンもの主鏡をはじめ、なゆたを構成する3種類の反射鏡を4日かけて慎重に搬出。 今回は茨城県の工場に搬送し、表面のアルミニウム膜を張り直す「再蒸着(さいじょうちゃく)」を施す。
この天体の重力は、太陽系外縁部の準惑星の動きや、海王星よりもさらに遠くにある「カイパー・ベルト(Kuiper Belt)」と呼ばれる領域の天体にも影響を与えているという。 チームによると、この天体は数理モデルとコンピューターシミュレーションを通じて発見された。 チームが発表した声明によると、「プラネット・ナイン(Planet Nine)」の通称で呼ばれているこの天体は、地球の約10倍、冥王星の約5000倍の質量を持ち、「太陽系外縁部の異様な、非常に細長い軌道」を巡っている。 また同大学のコンスタンティン・バティギン(Konstantin Batygin)助教(惑星学)は「過去150年以上の間で初めて、太陽系の惑星探査が不完全である確かな証拠が得られた」と話している。 「この新惑星が太陽の周りの公転軌道を完全に1周するのには1万~2万年かかる」と推定されるという。  直接の観測にはまだ至っていないが、現在、米ハワイ(Hawaii)のW・M・ケック天文台(W. M. Keck Observatory)にある口径10メートルの望遠鏡や、すばる望遠鏡(Subaru Telescope)などが観測を試みている。 カリフォルニア工科大学のマイク・ブラウン(Mike Brown)教授(惑星天文学)は「これは、本物の太陽系第9番惑星とみられる」「太陽系のかなりの部分が未解明の状態。  研究結果は、米天文学専門誌アストロノミカル・ジャーナル(Astronomical Journal)に掲載された。 これは、非常に胸を躍らせることだ」と語る。 米カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは20日、太陽系の最外縁部に存在する未知の巨大惑星を発見した可能性があると発表した。
 厚労省のHPは昨年11月にも外部から大量のデータを送りつけられるサイバー攻撃を受け、閲覧できない状態になった。 厚労省は警視庁公安部に連絡するとともに、調査をしている。 このときもアノニマスのものとみられるツイッターに攻撃を示唆する投稿があった。  厚労省によると、25日午後9時半過ぎから、大量のデータを送り付けてサービス不能にする「DDoS攻撃」を受けたとみられる。 同日午後10時20分ごろ、国際的なハッカー集団アノニマスのものとみられるツイッターに、厚労省に対するサイバー攻撃を示唆する投稿があったという。 厚生労働省のホームページ(HP)が25日夜から閲覧できなくなっていた問題で、HPが26日午後0時50分ごろ、約15時間ぶりに復旧した。



カイロプラクティック(Chiropractic) は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正療法)以外に「オステオパシー」やスポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。

アメリカの治療家ダニエル・デビッド・パーマー(1845~1913) が生み出された。

病態は神経系の機能障害から起るという考え方に基づいて、体、特に脊椎関節の矯正で神経機能回復を目指した施術方法です。

骨盤矯正とカイロプラクティック・整体

カイロプラクティック カイロプラクティック カイロプラクティック



前者は優良誤認、後者はいわゆるコンプガチャ規制に抵触するのでは――といった指摘も寄せられ、一部ユーザーの間では、消費者庁に通報したり、返金を求めたりといった動きも起こっていました。 こうした動きを受け、「グランブルーファンタジー」運営は8日、レジェンドガチャの出現率アップ表記と、ベアトリクスの性能表記についてゲーム内でコメントを発表。 加えて、同時期に実装された新キャラクター「ベアトリクス」の性能表記が実際の性能と異なっていたり、また「アンチラ」と他のガチャキャラクター両方をそろえることで、ゲームを有利に進められる「クロスフェイトエピソード」と呼ばれるイベントが発生することなども問題に。 今回の説明に納得していないユーザーも多く、Twitterでは「火に油を注いだだけ」「説明にも謝罪にもなってない」といった不満の声が依然として多く見られました。 「お客様に大変ご不安の念を抱かせてしまっておりますこと、先ずお詫び申し上げます」と謝罪したうえで、「出現率アップ表記」については、「出現率アップの値は、それぞれの武器ならびに召喚石ごとに上昇しています」、ベアトリクスの性能表記については、「(表記に)齟齬があったため文言表記の統一を図り」、実際のスキル効果に合わせて表記を修正したとのことです。 炎上の原因は、年末年始のガチャイベントで提供されていた「アンチラ」というキャラクター。 ただ、謝罪に伴う補填などは発表されておらず、ユーザーからは「謝罪になってない」「そこじゃない」などの声もあがっています。 ただ、本当にアンチラだけ出現率が低かったのかについては言及されず、コンプガチャ疑惑のあった「クロスフェイトエピソード」についても特に触れられませんでした。 また、他のキャラクターに比べて出現率が低く設定されている(ユーザーのガチャ報告などからの推測)にもかかわらず、その旨を事前に表記していなかったことも問題に。 このキャラクターの出現率が非常に低く、アンチラ狙いのユーザーが次々と爆死(大金をつぎ込んでも引けないこと)したのがそもそものきっかけでした。 ソーシャルゲーム「グランブルーファンタジー」が炎上していた件で、運営は1月8日、ゲーム内で「お客様には混乱を招きご不快な思いをさせてしまいましたこと、重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪しました。 「アンチラが他のキャラクターと同じ確率で出ると誤解させる」として、ユーザーからは「有利誤認にあたるのではないか」との声があがっていました。 署名サイトChange.orgでは、運営会社に立入検査を求める署名も立ち上がっています。

ブルートゥース接続のスピーカー機器「トリビィ(Triby)」で、家族向けの情報ハブといった位置づけ。 一方、サードパーティーとして、アレクサを導入しする機器をCESで発表したのが、フランスのスタートアップ企業、インボクシア(Invoxia)。 会場では、とくにスマートホーム関連で、アレクサやエコーとの連動を謳ったサードパーティー機器の出展が目立ったほか、フォード・モーターもコネクテッド・カー(つながる車)実用化の一環として、アマゾンとの提携を発表。 突き詰めれば、物販のための音声アシスタントにすぎない。 アマゾンの狙いは、こうしたエコーの単体販売やスマートフォンとの連携にとどまらない。 さらにインボクシアでは、子供が間違ってネットでの商品注文をしないよう、家族の声を区別する機能も開発中という。 円筒型スピーカーの格好をしたエコーは、Wi-Fi/ブルートゥース経由でネット接続し、音声での受け答えや品物のネット注文などができる。 米国では2014年11月に試験販売が始まり、2015年6月に一般発売された。 外出先などで紛失した場合は、ほかのbravoユーザーのスマホが紛失物の100フィート(約30m)以内に近づくと検知し、持ち主のスマホの地図上に表示してくれる機能もある。 今春にもソフトをアレクサ対応にアップデートの予定。 ブラボーから逆にスマホも見つけられる。 サードパーティー側でも、自ら巨額の投資じてソフトを開発せずに、高いレベルの音声インターフェースを活用できる利点がある。 コイン大の大きさの無線デバイスを自分のかばんや財布、鍵といった大事な持ち物に取り付け、なくさないようにしておけるのがトラッカー・ブラボー(TrackR Bravo)」。 自宅にいる場合はエコーを、車内ではアレクサの機能を使って、自動車の情報も音声でやり取りできる。 5日にフォードが発表した内容によれば、同社の第3世代の車載情報システム「SYNC(シンク)3」と、アマゾンのエコーおよびアレクサを連携させるという。 車内からエコーに接続し、自宅の照明や、室温を調整するサーモスタット、セキュリティーシステム、ガレージドアなどを音声で操作したり、これらの機器の状態も確認できるようにする。 スマートホームや住宅向けIoTをめぐっては、アップルやグーグル、サムスンといったIT大手も狙いを定め、基盤となるプラットフォーム技術や仕様を開発したりしている。 屋内で場所を特定するWi-Fi対応の電気プラグ「アトラス(Atlas)」は39ドルだ。 アマゾンのエコー/アレクサと連携することで、音声を使って探し物を突き止められるという。 サービスの開始時期は今年後半になる予定だ。 アマゾンと消費者の接点がそれだけ増えれば、商品のネット注文の増加が期待できるためだ。 現在のトリビィは、インターネット通話で受けた電話をスピーカーフォンで話したり、ラジオを聞いたり、外出先から送られたメッセージや絵を表示したりできるが、スマートフォンアプリか本体のボタンでしか操作できない。 それをアレクサファンドの資金支援を受けて、音声でも操作できるように改良する。 価格は199ドル。

 製品発表会に登壇したエプソン販売代表取締役社長の佐伯直幸氏は、一般コンシューマーがプリントをためらう理由として、消耗品切れや交換の手間、コストなどを挙げ、2年間インクの追加購入が不要なエコタンクで、「これまでのプリンタの悩みを解消する新たな提案をしていく」とアピール。 エコタンク搭載モデルは、カラー6500ページ/モノクロ6000ページの印刷が可能な大容量タンクを搭載しているのが特徴。 プリントボリュームの高いユーザー層に向けて訴求する。 価格は順に1万円台半ば、1万円前後、2万円前後(税別)。 このほか、カラリオプリンタの新モデルとして、6色染料インクを採用するA4多機能複合機「EP-708A」と、A4顔料インク採用のA4対応複合機「PX-048A」をラインアップに追加したほか、PCなしで写真やシールを印刷できる新カラリオミー「PF-71」を発表、1月28日より発売する。  また、2年分のインク(A4モノクロ文書を月300枚印刷した場合を想定)を同梱しており、1枚当たりの印刷コストは、EW-M660FTがカラー0.8円/モノクロ0.4円、PX-M160TとPX-S160Tがモノクロ0.3円と、ランニングコストが低いのも目を引く。 これまでプリンタ市場のビジネスモデルは、本体の価格よりも消耗品のカートリッジ型インクで利益を上げる図式だったが、新興国で先行展開しているエコタンク搭載モデルが大きく成長しており、「気兼ねなく印刷できる」をキーワードに国内でも新しいビジネスに乗り出す。 A4カラー1万1000枚印刷時のインク交換回数は、カートリッジ式インクを採用する従来のプリンタが88回であるのに対し、エコインク搭載モデルはわずか8回と、インク補充の手間を大幅に省くことができる。

ANAとベトナム航空は共同運航やマイレージの相互付与のほか、空港でのチェックインや整備の分野でも協力する。 ANAホールディングスは12日、国営ベトナム航空に出資し業務提携することで、同航空と基本合意したと発表した。 ANAが別の航空連合の海外航空会社に出資するのは初めて。 ANAが出資・提携した場合、日航との提携は解消される見通しだ。 両国間の直行便や国内線を共同運航し、便数や路線を増やす。 共同運航などの業務提携は所属する航空連合で加盟社の承認を受けた上で、早ければ今秋にも始める方針だ。  ベトナム航空は羽田、成田、中部、関西、福岡の各空港に就航している。 これまでANAを含む複数の海外航空会社と交渉してきた。  ベトナムは現在、国営企業改革を進めており、政府が95%を出資しているベトナム航空も対象だ。 出資額は約130億円で、出資比率は8・8%になる。 ベトナム航空は現在、日本航空と共同運航などで提携している。  ANAとベトナム航空は別の国際航空連合(アライアンス)に所属している。 経済成長で急増する訪日客を取り込むねらいだ。



カイロプラクティック(脊椎指圧療法)は、脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 の他にもオステオパシー・スポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

アメリカ治療家D.D.パーマー が体系づけられた。

病気は神経系の機能の障害から起きるとの考えに基づいて、身体、特に背骨の関節の矯正によって神経系の機能の回復を目的とした治療法なのです。





脊柱側湾症を矯正す .
脊柱側湾症を矯正す .
脊柱側湾症を矯正す .
脊柱側湾症を矯正す .
脊柱側湾症を矯正す .
姿勢を治す .
偏頭痛 .

カイロプラクティック(手技療法)と骨盤矯正

ブログ ブログ カイロプラクティック



こうした動きを受け、「グランブルーファンタジー」運営は8日、レジェンドガチャの出現率アップ表記と、ベアトリクスの性能表記についてゲーム内でコメントを発表。 炎上の原因は、年末年始のガチャイベントで提供されていた「アンチラ」というキャラクター。 「アンチラが他のキャラクターと同じ確率で出ると誤解させる」として、ユーザーからは「有利誤認にあたるのではないか」との声があがっていました。 前者は優良誤認、後者はいわゆるコンプガチャ規制に抵触するのでは――といった指摘も寄せられ、一部ユーザーの間では、消費者庁に通報したり、返金を求めたりといった動きも起こっていました。 ただ、謝罪に伴う補填などは発表されておらず、ユーザーからは「謝罪になってない」「そこじゃない」などの声もあがっています。 このキャラクターの出現率が非常に低く、アンチラ狙いのユーザーが次々と爆死(大金をつぎ込んでも引けないこと)したのがそもそものきっかけでした。 ソーシャルゲーム「グランブルーファンタジー」が炎上していた件で、運営は1月8日、ゲーム内で「お客様には混乱を招きご不快な思いをさせてしまいましたこと、重ねて深くお詫び申し上げます」と謝罪しました。 ただ、本当にアンチラだけ出現率が低かったのかについては言及されず、コンプガチャ疑惑のあった「クロスフェイトエピソード」についても特に触れられませんでした。 今回の説明に納得していないユーザーも多く、Twitterでは「火に油を注いだだけ」「説明にも謝罪にもなってない」といった不満の声が依然として多く見られました。 「お客様に大変ご不安の念を抱かせてしまっておりますこと、先ずお詫び申し上げます」と謝罪したうえで、「出現率アップ表記」については、「出現率アップの値は、それぞれの武器ならびに召喚石ごとに上昇しています」、ベアトリクスの性能表記については、「(表記に)齟齬があったため文言表記の統一を図り」、実際のスキル効果に合わせて表記を修正したとのことです。 加えて、同時期に実装された新キャラクター「ベアトリクス」の性能表記が実際の性能と異なっていたり、また「アンチラ」と他のガチャキャラクター両方をそろえることで、ゲームを有利に進められる「クロスフェイトエピソード」と呼ばれるイベントが発生することなども問題に。 また、他のキャラクターに比べて出現率が低く設定されている(ユーザーのガチャ報告などからの推測)にもかかわらず、その旨を事前に表記していなかったことも問題に。 署名サイトChange.orgでは、運営会社に立入検査を求める署名も立ち上がっています。

製品化の意図は、少なくともデザインをパクってApple Watchにあやかろうというのではない。 裏側のパネルは透明で、機械式の駆動機構が見えるようにもなっている。 同社のエドゥアルド・メイランCEOがこう話すように、アナログ的な外観を備えたApple Watchはじめスマートウォッチの流れに一矢報いるべく、外観がそっくりで内部は伝統的な機械式という、あべこべのアプローチをあえてとった。 それとは逆に、アップルに対してジャブを繰り出した格好。 何よりも重要なのは、アップデートする必要がなく、いつの日か自分の子供たちに引き継げるという点だ」と話し、すぐに陳腐化するスマートウォッチにはない、機械式腕時計の素晴らしさを強調している。 ただし、電話もメッセージの機能もなく、アプリを利用したり、愛しい人と互いの胸の高鳴りをアニメーションで共有したりもできない。 デザインはApple Watchそっくりにもかかわらず、100%スイス製のムーブメントを採用。 それでもメイランCEOは、「伝統的な機械式腕時計にこそ未来がある。 さらに、その製品紹介ビデオも、アップルのチーフ・デザイン・オフィサー、ジョニー・アイブ氏がナレーションを行うプロモーションビデオを彷彿とさせるスタイル。 なのに値段は2万4900ドル(約290万円)。 手巻きで100時間は連続使用できるという。 「電子式の心臓部を備え、機械式時計のように見せかけた時計を作るのではなく、その反対の道を選んだ」。 見た目がApple Watchそっくりの「偽物」ウォッチが登場した。 この時計は、スイスの高級腕時計メーカー、H. モーザー(H. Moser & Cie.)が発表した「スイス アルプ ウォッチ(Swiss Alp Watch)」。 実はこれ、安っぽい模造品ではなく、れっきとしたスイスの高級機械式腕時計なのだ。 スマートウォッチの登場でスイスの時計産業が大きな影響を受ける中、時計産業に殴り込みをかけたアップルやスマートウォッチのトレンドへの強い対抗意識から、こんなパロディー的な製品を世に出したようなのだ。 「アルプ ウォッチ」という商品名も「アップル ウォッチ」にかなり似ている。 さらに、ブログのHodinkeeによれば、ケースは18金ホワイトゴールドで、全部で50個しか作られないという。

金銭を支払わなければ情報を公開するという匿名の封書が今月4日に届き、不正アクセスが発覚したという。 金銭を要求する封書も届き、同社は警視庁に届けるとともに、他に流出被害がないか詳しく調査している。 情報セキュリティー会社「アークン」(東京都千代田区)は12日、同社の顧客約3800社分の情報が何者かの不正アクセスによって盗み出された可能性が高い、と発表した。 同社によると、盗まれたのは会社名、住所、電話番号、メールアドレス、担当者名の5項目。 流出した情報が悪用されたとの報告はないという。

銀行、保険、証券監督当局を集約し、一元化することを検討していた。 国務院当局者のコメントは現時点で得られていない。 関係筋によると、国務院の幹部、肖捷氏が率いる見通しだ。 市場関係者の1人は、中国市場混乱の背景について「中国が経済、金融崩壊の瀬戸際にあって、指導者らがパニックに陥り出したのでなく、共産党が一段と市場原理に基づいた経済へ明確な道筋を決めることに無関心とみられていることが根本にある」との見方を示した。 関係者は「指導部は株式市場の危機に大きな不快感を抱いている」と指摘。 関係筋が明らかにした。 ただ、規制当局の一元化に時間がかかるため、暫定的な担当機関の検討に入ったという。 国務院は、金融担当部門の格上げに向けて作業部会を設置した。 規制当局の一本化には数年を要する可能性があるため、暫定措置として国務院の金融部門を格上げする案が持ち上がっている。 金融当局の不手際により、経済政策運営に対する懸念が世界的に高まったとの見方が背景にある。 中国では、昨年夏の株式相場の急落後、金融当局間の連携が上手く取れていなかったことがこうした事態を引き起こしたとの批判が浮上。 そこに年明けの相場急落が追い討ちをかけ、市場の信頼回復に向けた規制当局の体制見直しが一段と切迫性を増していた。



カイロプラクティック Chiropractic は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック Chiropractic の他にもオステオパシーやスポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

アメリカ(米国)の治療師ダニエル・デビッド・パーマー が創始した。

疾患神経機能の障害により起るとの哲学に基づき、肉体、主に椎骨の指圧により神経機能回復を目指した施術法です。





姿勢を直す .
姿勢を直す .
姿勢を直す .
姿勢を直す .
姿勢を直す .
猫背を改善 .
カイロプラクティックで治す緊張性頭痛 .

整体

ブログ ブログ カイロプラクティック



この600円の差を大きいと取るか小さいと取るかは人によるだろうが、1GBプランの恩恵を受けるのは、「通話をよくするが、データ通信が少ない人」に限られる。 1GBプランと組み合わせられるのは、スマ放題とスマ放題ライトのみ。 ただし、スマ放題ライトでは2GBプランとは組み合わせられないので、スマ放題+2GBプランの6500円と比べると、スマ放題ライト+1GBプランは1600円安くなる。 一方で、月額料金934円の「ホワイトプラン」とは組み合わせられない。 ソフトバンクのパケット定額サービスでは、1GBの次は月2GBの通信ができる「データ定額パック・小容量(2)(以下、2GBプラン)」を提供している。 この1GBプランは本当に「安い」といえるのだろうか。 ソフトバンクが、月額料金2900円で1GBのデータ通信を利用できる「データ定額パック・小容量(1)(以下、1GBプラン)」を、2016年4月から提供する。 また、スマ放題ライト+5GBプランの7000円と比べると、スマ放題ライト+1GBプランは2100円安くなる。 本稿の価格はいずれも税別。 前者は、国内の通話がし放題になり、後者は、国内の5分以内の通話がし放題になる。 今回の新プランは、総務省がタスクフォースで提言した「低容量(1GB以下)のデータ定額プランを作ること」に応える形で新設されたものだが、タスクフォースの発端は、安倍晋三首相が「家計への負担が大きい携帯電話料金の引き下げ」を指示したこと。 仮に1GBとホワイトプランを組み合わせることができれば、月額料金料金は4134円まで下げられる。 2GBの料金は月額料金3500円なので、1GBだと600円安くなる。 スマートフォンはバックグラウンドでの通信が多いうえ、1日30~40分の通勤中などで毎日使うと、1GBはあっという間に到達してしまうので、外でスマホを頻繁に使う人には1GBプランは向かない。 「スマ放題」と合わせると月額料金5900円、「スマ放題ライト」と合わせると月額料金4900円で利用できる。 通話もデータ通信もあまりしないという人は、今回の新プランは安いとは感じないかもしれない。







市場関係者の1人は、中国市場混乱の背景について「中国が経済、金融崩壊の瀬戸際にあって、指導者らがパニックに陥り出したのでなく、共産党が一段と市場原理に基づいた経済へ明確な道筋を決めることに無関心とみられていることが根本にある」との見方を示した。 国務院は、金融担当部門の格上げに向けて作業部会を設置した。 国務院当局者のコメントは現時点で得られていない。 そこに年明けの相場急落が追い討ちをかけ、市場の信頼回復に向けた規制当局の体制見直しが一段と切迫性を増していた。 ただ、規制当局の一元化に時間がかかるため、暫定的な担当機関の検討に入ったという。 関係者は「指導部は株式市場の危機に大きな不快感を抱いている」と指摘。 銀行、保険、証券監督当局を集約し、一元化することを検討していた。 中国では、昨年夏の株式相場の急落後、金融当局間の連携が上手く取れていなかったことがこうした事態を引き起こしたとの批判が浮上。 関係筋が明らかにした。 関係筋によると、国務院の幹部、肖捷氏が率いる見通しだ。 金融当局の不手際により、経済政策運営に対する懸念が世界的に高まったとの見方が背景にある。 規制当局の一本化には数年を要する可能性があるため、暫定措置として国務院の金融部門を格上げする案が持ち上がっている。



カイロプラクティックは脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」 Chiropractic 以外にもオステオパシー (Osteopathy)・スポンディロセラピ-などの脊椎矯正法があります。

米国の治療師ダニエル・デビッド・パーマー が生み出された。

病気は神経の機能障害によって起るとの理論に基づき、身体、特に背骨の指圧によって神経系機能回復を目的とした施術です。





片頭痛 .
片頭痛 .
片頭痛 .
片頭痛 .
片頭痛 .
片頭痛 .
整体で治そう慢性頭痛! .