骨盤、整体院


腰痛とは?。


腰痛(ようつう)とは、ウエスト部分に疼き、炎症などを感じ取る様態を指し示す一般的な語句。

世界の腰痛事情。
国は地域によって学会の方策、文化や暮らし、慣習が異なっても、腰(こし)の痛みの発症する割合は比較的一定である。 WHO世界保健機関の通知では次のように述べられている。
「腰の病気の発症する割合や有病率は各地域のあちこちだいたい変わりないのである。
腰(こし)の痛みは、仕事を休業する理由のナンバーワン」。

姿勢による腰痛の予防。
腰(こし)の疾患の要因は、骨格の姿勢に起因するとの1976年のナッケムソンの提言から、ヨーロッパでは職務中・家事労働中などの予防が行われている。

急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年の欧州ヨーロッパ委員会の腰部の疼痛診療ガイドラインでは、欧州での腰部(ようぶ)の疾患の一生のうちでの発症確立は84%で、有病率は23%になります。

米国での腰痛事情。
米国アメリカおいて、大半のクランケの腰の症状は、原因を診断できない原因不明の腰痛です。 この内容に関してナッケムソンは明確にアカデミーの問題を示唆しています。 米国アメリカでは腰部(ようぶ)の疼痛により、1年間に日本円にすると1000億円以上が治療費として使われているとされています。
腰痛、カイロプラクティック、整体
日本の腰痛事情。
わが国でも腰(こし)の痛みが有訴者率第一位(最多の症状)であり、わが国民の80パーセント以上が生涯において腰部(ようぶ)の疾病を経験しています。 多くの人は腰部(ようぶ)の病気を訴えているが、レントゲン・MRI診断で病変箇所が分からない場合も珍しくない。
異常部位が箇所が見つかるときでもその異常個所が腰部の疾病の原因でないこともあり、腰部の症状患者の8割は疾病箇所が、はっきりしない(原因不明の腰痛)。

筋骨格系の腰痛と、それ以外の腰痛の割合。
腰部(ようぶ)の痛みを訴える患者のうち、骨折、感染症、がん、変性疾患など、診断の分かるものは1.5割程度であり、それ以外の85パーセント程度は、原因箇所の判断できない非特異的腰痛である。 CTやMRI異常個所が見付かったとしてもその箇所が即腰部(ようぶ)の病気の要因のだとは特定できない。

年配者の腰痛
ヘルニアや脊柱管狭窄は、高齢者にはありふれていて、レントゲンやCTやMRIで、ほとんどの高齢者にはみうけられるが、大方のケースは、それは腰部の疾病の原因ではありません。
それは、しばしば外科的手術実施する根拠にされるが、その外科手術が成功して結果的には腰部の疾患が消失することは多くないのである。
骨盤矯正、カイロプラクティック、整体
緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)。
筋繊維などによけいなテンションが加えられることで、筋肉が緊張する為に現れる腰部(ようぶ)の病気であります。
許容範囲を超えたストレスを強いられると、交感神経は通常優勢になり活発化し緊張を加えられ、余計な他の筋肉組織などにも力が入る。
すると崩れた均衡整えようと腰の筋肉にストレスが大きくなり、腰痛が発症する。

慢性腰痛。
腰部の病気が、3ヶ月以上継続する場合、慢性腰痛と言います。
心理的不安や心理的なストレスなどの心因性因子の関りがあります。 突然の腰部の痛みから慢性的な腰部の症状への移行は、しばしばイアトロジェニックである。

イアトロジェニック病って?。
米国の死因の3大要因一つにイアトロジェニック病があるようです。
1位は心臓疾患2位は新生物そして3位がイアトロジェニック病だそうです。 イアトロジェニック病というのは簡単にいいますと医者の治療により起こされた死のことです。
医療ミスや薬、手術などが要因となる死です。

危険な腰痛。
緊急性の高い腰痛の中には、致死性の腹部大動脈瘤に加え大動脈解離、状況によっては死亡する危険性の腎梗塞、急性膵炎、排尿と排便ができにくくなるようなこともある馬尾症候群などが挙げられる。
注意を必要とする腰痛としては、結核性脊椎炎、化膿性脊椎炎硬膜外膿瘍、椎間板炎などの脊椎感染症や、多発性骨髄腫やがんの骨転移などの悪性腫瘍の骨病変などがある。

非特異的腰痛を来たしやすい要因。
心理的要素(家族への不満、不安、心理的ストレス、抑うつ)。 太り過ぎ(BMI)。 妊娠後期(産後腰痛は軽快する)。
腰に無理のかかる職業(力仕事介護職業運転手)。
運動不足。 腰痛の男女の差は、そんなにない。 左右の脚長差は、ほとんどの場合腰痛の原因になりません。

欧州の腰痛のガイドラインによれば…。
ヨーロッパでのガイドラインによれば、腰痛は、疾病でなく、症状であると言及している。
腰痛の原因は、腰部に過度な負担のかかる腰の使い方による椎間板・神経・腰椎などの障害、新生物などの特異的疾患による障害、の2つである。

腰部に負担のかかる動作と腰痛。
腰部に過剰なストレスのかかる動作は、脊椎・神経・腰椎などの障害を作り出す。 整形外科医ナッケムソンは、腰痛の原因を腰部に過剰な負荷のかかる動きと突き止めた。

危険な腰痛(レッドフラッグ)。
レッド・フラッグとよばれている兆しがあるときは、深刻な疾患がかくれているかもしれないのでさらに検査を行うことが必要である。
脚の痛み、脚の痺れ、坐骨神経痛
重篤な疾病があれば、すみやかに手術が必要だったり、特別な治療を必要とする可能性があります。
しかし、レッド・フラッグの症状が出ているからと言って、必ず大変な疾病があると限らない。 大変な疾病が発見される可能性があるというだけで、レッドフラッグを持つ大多数の人は、危険な、疾患を持っていない。 もしも、レッド・フラッグのサインが全く無ければ、症状出現後4週間以内に、画像診断検査を受けたり、臨床検査を受けることは、有益ではないことが示唆されている。 科学的根拠科学的根拠大抵のレッド・フラッグの有用性は、ガイドラインによれば、それほど支持されない。 骨の折れた部分を捜しだす方法の良い手がかりは、高齢の年齢、ステロイドの使用、著しい負傷などである。 癌を捜し出す方法の最も良い手がかりは、その人の病歴である。
その他の原因を除外できたら、非特異的な腰痛を持つ人は、通常は、原因を断定的に断定すること無く、対症療法的に治療される。 鬱や薬の濫用など、診断を複雑にする原因を断定する取り組みや、保険の支払いに関する議論は、役に立つ場合がある。

日本での腰痛のガイドライン。
日本での指針では、後述の状態を危険なサインンと警告している。
※発症
歳が20歳より下または50歳以上。
※時間帯や
動作に関係ない腰の痛み。
※胸部痛

※がん、
ステロイド治療、エイズ感染の既往。
※栄養失調

※体重の減少

※広い範囲に
及ぶ神経症状。
※構築性脊椎変形(猫背など)

※発熱


検査。
レッド・フラッグの兆候が見受けられる場合や、あるケースや、良くならない神経学的な兆候が継続する場合や、悪化する病状がある場合には、画像検査をするのが好ましい。 特に、がんや感染症や馬尾症候群が疑われる場合は、なるべく早くMRIやCTの検査をするのが望ましい。 椎間板の損傷を診断するのには、CTよりMRIの方が多少優っている。
脊柱管狭窄症を判断するには、両者とも有用である。 また2、3の身体的な検査が有用である。 椎間板障害では、たいていの患者で下肢伸展挙上検査が陽性となる。 腰部の椎間板造影は、重症の腰痛が持続する時に、腰の痛みの原因となりえる椎間板の損傷部位を見つけ出すのに有用です。 同じ様に神経への麻酔の注射(神経ブロック)的な治療的手技が、原因の場所を発見する為に使われることもあります。
前述のように椎間関節への注射、変形硬膜外注射、仙腸関節への注射を、診断するために検査として用いることを支持する根拠根拠ある。
それ以外の検査、例えば側彎症の身体検査、筋力低下の検査、神経反射の低下の検査などは、ほとんど使用されない。
腰痛の訴えは、人が病院を訪れるとても多い病状のうちの一つである。
大抵の腰の症状は、症状は、2、3週間程度ほどしか持続せずに、ひとりでに無くなるように見える。
医学会の提言では、もし、既往歴と診断所見が、腰部の痛みの原因部位となる特定の病気の存在を示唆しないのであれば、レントゲンやCTやMRIいらないのである。
医療機関に訪れる患者は、CTやMRIによるX線画像検査を浴することもあるが、レッドフラッグの所見が見られないのであれば、それらの検査は必要ないのである。 ルーチンのCT検査やMRI検査は、コストがかかり、疾病を回復させる効用の見込めない外科手術をされる可能性が強くなり、 受ける放射線が細胞にネガティブな影響を与える。 腰の痛みの原因を解明できる腰痛は、画像診断検査の1%以下でしかない。 画像検査は、腰痛の症状と無関係は異常箇所を発見して、無意味な他の検査をさらに受診するように患者さんをうながし、患者さんを不安な気持ちにする。
しかし、アメリカのメディアの統計の結果では、1994年から2006年までの12年間に、腰部MRI画像検査の件数は、300%を超え、増大した。