繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縲√℃縺」縺上j閻ー縺ョ豐サ縺玲婿

浜松市西区、ぎっくり腰、カイロプラクティック

【ゆっくり解説】次々と暴かれる嘘…テレビ局を相手取り戦った女性の主張がヤバすぎる


【歴史解説】ゆっくり大江戸 その65 お江戸の酒事情~江戸の呑みだおれ~【江戸時代】


【ゆっくり解説】セルフリッジ空軍航空ショー 落下事故


飛行機が墜落する瞬間【墜落】空港 飛行機,ヘリコプター離着陸風景映像 #4


【鉄筋コンクリートを破壊する山】丹那トンネル3   東海道線 東海道本線 JR東海 熱海 湧水 静岡 三島 沼津 丹那盆地 伊豆半島 断層 函南 熱函道路 熱海の坂 ベーパーロック


【2ch面白いスレ】爆笑!腹筋崩壊コピペ・コメントまとめ80連発眠くなるまで笑ってね!聞き流し・作業用BGMに初見コピペ多めです【ゆっくり解説】



ぎっくり腰


「ギックリ腰」


日本語一般には、この病態は、大きな物を運ぼうとした時に強い腰痛が発症して立っていることさえ大変になる事を「ぎっくり腰(ぎっくりごし)」の通称をもって表します。 一般医療では「ギックリ腰」は急性腰痛症といい腰に突然痛みが発現する腰痛で関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状をいう。 急に発生する筋・筋膜性腰痛(筋性腰痛症)の他、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間関節捻挫や仙腸関節性腰痛などの病状がおおいようですが、稀にスプラング・バック(棘間・棘上靭帯損傷)でも同じような痛みを発する。 発症要因も様々であるが、主に年齢や運動不足などが考えられる。 なお、腫瘍などが原因で起こっている場合は、夜間痛・安静時痛が起こるので「ギックリ腰」のように損傷事由を断定できる場合は多くない。 また近頃では、原因を特定することのできない腰痛を「非特異的腰痛」と呼ぶことがあり、ストレスの影響があるのではないかといわれている。

ぎっくり腰の予防


予防としては、荷物などを持つ時に足場の悪いところで不安定な状態で持つなどしないように心がけることや、特に重いものはできるだけ運ばずに済むように物の収納の方法などを常日頃から考えておくことが効果的である。 また、睡眠不足でかつ疲れ気味の時に起こりやすいようで、そんな労働環境におちいらないように予防策を講じるのも一つの方法になります。 できれば日頃から軽い運動をして腰周りから背中にかけて筋肉が弱くならないようにしておくこともある程度有効である。

ぎっくり腰の診断


一般に行われる病院の検査では、おもに、レントゲンとMRIです。 整形学検査をする場合もありますが、最近ではMRIとレントゲンだけという事がおおいようです。 「ギックリ腰」は、MRIとレントゲンの診断を受けても原因不明と診断されることが以外に多く、それらの原因には、脱臼、筋肉、骨折や靱帯のひどい損傷でなければ、MRIとレントゲンなどの診断には写らないので、わずかな損傷に対してはレントゲンやMRIを受けても解らないということになります。 「ぎっくり腰」でレントゲンやMRIなどの画像診断をしても「骨には異常ありません」と言われるだけのようです。

ぎっくり腰の治療


初期対応


突如発症する「ぎっくり腰」の初期の対応は、動かず安静にして患部を冷却することです。 ぎっくり腰のような急性腰痛のおおくは軟部組織の損傷をともなうことが多く、傷めてすぐに動かないことと冷やすことが重要です。 ぎっくり腰の中には疼痛はあるものの動くことができることもあります。 しかし、「ぎっくり腰」の痛みは数時間をかけて徐々にひどくなることがおおく、我慢すれば動けるからといって仕事をしてしまうと、後々悪くなる一因になります。 軟部組織(筋肉や靱帯)の損傷がある可能性があることを考慮して冷やすことで炎症を抑える効果があると言われています。 しかし、冷却しても痛みが極度に減ることがない為、痛みの減少を実感するほどのことはありません。

鎮痛剤など


一般に「ぎっくり腰」では、痛み止めを出されます。 痛み止めで「ぎっくり腰」の疼痛を抑えて自然に回復するのを目指します。

湿布


湿布なども病院で一般的に出されます。 だが「ぎっくり腰」みたいな急性の腰痛では、痛み止めの方が痛みを軽くするにはいいみたいです。

注射


痛みが強い場合、ブロック注射をします。 痛み場所の局所的な麻酔と背骨の神経に注射を行うブロック注射があります。 ブロック注射は疼痛にとても効くことが多いかわりに時々事故も発生しています。

コルセットなどの装具など


ちょっと動くだけで痛みをはっする「ぎっくり腰」に、腰を保護するコルセットはとても有効な方法の一つです。 疾患部位に負担が加わると腰部を刺激して痛みが出るので、腰部を固定して動きを制限し痛みを軽減する。

ぎっくり腰を整体の矯正


病院の治療に加えてカイロプラクティックみたいな民間療法も「ぎっくり腰」の治療として考えている人もいることでしょう。 カイロプラクティックでおこなわれている「ぎっくり腰」の治療は、どのようなものでしょうか?カイロプラクティックでは背骨をボキッとする印象が強いと思います。 カイロプラクティックは、一般的に関節の歪みを調整して体を整える治療です。 「カイロプラクティックで矯正をしたら帰るときには痛みは無くなって歩いて帰ることができた」とか「一回の治療で良くなった」などの話はよく聞きます。 原則的に腰を大きく損傷している「ぎっくり腰」は、ボキボキするような強い力を加える矯正は行いません。 優しく歪んだ脊椎や骨盤を矯正します。 微妙な背骨や骨盤の歪みでも腰に激痛を発症することがあります。 この場合カイロプラクティックはすごく効果を発揮します。 脊椎の歪みや骨盤の関節などこの微妙な骨の歪みを治療することで、激痛が瞬時に無くなることがある。 ただし、「ぎっくり腰」のような急性の腰痛に対してボキボキするような過激な治療をする所にいくのは要注意です。 その中には「ぎっくり腰」のような急性腰痛に対して強い施術をして悪化することがあるみたいです。 いいカイロプラクティックでは、急性の腰痛に対しどんな場合も強烈な修正をおこなうことはありえません。
カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。