閻ー逞帙・豐サ縺玲婿縲∵紛菴・ 閻ー逞帙・豐サ縺玲婿繧呈紛菴・ 謨エ菴薙€∬・逞帙・豐サ縺玲婿

磐田市、腰痛

踊り子 / 村下孝蔵


【2009年宮崎】ワイヤーのフックが激突し、顔面が陥没骨折…牽引中のワイヤーの一体何が?【ゆっくり解説】


初心者講座19(ウォンドの回し方)


【拡大版】ガールズアンドパンツァー登場実車完全解説


【漫画】会社に人生をささげた男の末路。 仕事中心の生活を送る…【メシのタネ】


【戦車解説】前線張ってる主力戦車が50年前の骨董品!?T-72【軍事解説】



腰痛と整体


腰痛の治療と整体の施術


腰痛」は、腰の炎症や痛みを発することを指します。 ほとんどの「腰痛」はたいてい発症からだいたい数週間以内に治ります。 しかし、ほとんどの「腰痛」は傷めることを何度も繰り返し、その中の何割かは活動に大きな支障をもたらす重い状況になったりします。 「腰痛」は、大きく分けて急性腰痛と慢性腰痛に分けられます。 急性の腰痛は、突如痛くなるような「ぎっくり腰」を含めて症状がでてからたいして時間の過ぎていない腰痛です。 慢性腰痛は、長い期間痛みや不快な状態が腰の部分に続く「腰痛」で、痛みの軽減と発現を何回も繰り返し長い間継続する場合もある。 一生で80%くらいの方が、一度は、「腰痛」を発症すると言われています。

腰痛の種類


腰痛」は急性腰痛と慢性腰痛という発症してからの日数で分類されるだけではなく、もちろん要因によっても分類できます。 要因による「腰痛」の種類には、急性腰痛症(ぎっくり腰)、腰部椎間板症、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、感染性脊椎炎、腰椎圧迫骨折、腫瘍(ガン)、心因性腰痛、などがあります。 腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)のような「腰痛」は、高齢の人にはよくある「腰痛」でレントゲンやMRIなどすると多くの場合高齢の人に認められますが、これらの病変は高齢の人達の「腰痛」の要因では無いという話もあるみたいです。 これは手術などによってこれらの原因を取り去っても「腰痛」が消失しないことがおおいためである。 緊張性の腰痛(筋筋膜性腰痛)は筋肉や筋膜に過剰な負担が加わることで、筋肉が過度に緊張することで引き起こされる「腰痛」です。 慢性腰痛は、「腰痛」が、3ヶ月以上継続する場合の腰痛です。 原因が解らない「腰痛」もおおくストレスや不安が要因の心因性の腰痛ではないかとも思われる。 急性腰痛長引かせて慢性の腰痛に変化することもあるのです。

その他の腰痛


「腰痛」には大きな病気が隠れている事もあり緊急性が高く、死亡率のある病変もあります。 緊急性があり死亡率の高い「腰痛」の要因に腹部大動脈瘤、大動脈解離、腎梗塞、急性膵炎、などあげられます。 とくに注意しなければならない「腰痛」には悪性腫瘍、腹部感染症、脊椎感染症、などがあります。 「腰痛」の原因になるこのような疾病に関しては、要因である病を治療しないかぎり腰痛がよくなることはない。 腰痛の他にも症状がある方は、他の病が隠れているか確かめてみることが重要になる。 只の「腰痛」とたかをくくっていると命取りにもなりかねません。 「腰痛」の種類によっては命を脅かす恐ろしい「腰痛」もあるということを知っておくといいでしょう。

非特異的腰痛を来たしやすい原因


精神的な要因(不安、ストレス)、妊娠、肥満、腰い負担おかかる職業、運動不足、年齢、など。 精神的な要因による腰痛は、原因がつかめない腰痛などに関して多く使用されます。 しかしレントゲンやMRIなどに要因らしいものが写らないと言って精神的要因だというのは間違っています。 MRIやレントゲンに全ての原因が映し出されることは無く、反対にレントゲンやMRIに写し出すことのできない要因の方がずっと多いことからも、心因性だと診断されたからといって肉体的な要因がないと楽観視することはできません。

腰痛治療と整体


「腰痛」の治療法には、いろいろな治療法が用いられる。 これは、「腰痛」の原因がいろいろあるということだけでなく、決定的な方法が無いことです。 一般的に鎮痛剤や湿布や注射など薬を使う治療法と、ストレッチや筋力トレーニング、姿勢の改善などの運動療法。 テーピングやコルセット。 電気治療や温熱療法。 鍼治療やマッサージ。 さまざまな方法が腰痛治療で使われますが、中でも最も効き目があると言われるのが整体などの骨格矯正なんです。 整体は、背骨や骨盤などの体のバランスを整えることで腰痛を改善します。 背骨の歪みや骨盤の歪みが腰痛の主な要因になる。 整体は「腰痛」の要因になる背骨骨盤を整えます。

腰痛の整体の矯正


整体の腰痛治療は一般にぼきぼき音を矯正するのを想像する人達がおおいのではないでしょうか?基本的には「ぎっくり腰」のような急性腰痛には、そのようなぼきぼきする矯正を「整体」ですることは考えられません。 また、急性腰痛に対してボキボキするような矯正をする「整体」は、注意した方がいいでしょう。 急性腰痛にたいして「整体」は、ぼきぼきしない治療で脊椎骨盤の修正を行います。 「整体」にもやさしい矯正法が使用されます。 慢性腰痛に対しては整体の治療方法にもよるがボキッってする調整をすることもあります。 「整体」は、ボキッっとするやり方やボキッっとする矯正法に関わらず背骨や骨盤を矯正する為とっても効き目が高いので、腰痛で困っているのでしたら一回整体の調整を受けてみることをおススメします。
浜松市西区、腰痛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。