謨エ菴薙・鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ鬪ィ逶、縺ョ豁ェ縺ソ

浜松市、骨盤矯正

【井上堯之バンド】太陽にほえろ!のテーマ【叩いてみた】drum cover/ドラムカバー 石原裕次郎


【検証】ライフジャケット買う前に観て下さい!あなたの命を守るのは腰タイプ?首タイプ?


人間が感じる最大の痛み


逆転イッパツマン 嗚呼!逆転王/Gyakuten Ippatsuman Ah! Gyakutenou Bass Cover


【自宅から世界へ】Googleだからできる、至極のWEBサイトを発見しました。 Google Art & Culture


いのちの歌 [Inochi-no-Uta] / 竹内まりや [Mariya Takeuchi] Unplugged cover by Ai Ninomiya



整体の骨盤矯正


骨盤矯正


昨今では「骨盤矯正」という言葉をネットやテレビや週刊誌で見ることが増えてきました。 「骨盤矯正」はどのようなものなのかわかっている方達は多くない。 「骨盤矯正」はなんなのか説明してみる。 骨盤矯正のことを知って、間違いのない「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤の歪みを治す骨盤矯正


骨盤は、一対の腸骨(ちょうこつ)とその中間にある仙骨、それと仙骨(せんこつ)の尖端につながる尾骨からなっています。 整形外科などの病院の治療は一般的に「骨盤」の矯正はなされません。 なぜでしょうか?一般医療では骨盤はズレないと考えていて「骨盤」がふんだんの生活でズレてそのズレが身体の異常の要因になるようなことはありえないと思っているからなのです。 (しかし一部の病院では「骨盤」の矯正を独自のやり方でしている病院も少ないながらもあります)。 例外としては、高い所から落下したり交通事故にあったりした時のように強烈な力が骨盤に加わり骨盤の関節が大きく歪んだ時(「骨盤」の関節の脱臼、捻挫のようなこと)、元の状態に戻すように骨盤を調整する場合がある。 この場合、手術によって骨盤の矯正を行うことが多いみたいです。 また産科では、出産後に骨盤の関節のゆるみを改善するように骨盤を閉めつけて固定する骨盤ベルトのようなものを奨める病院が増えてます。

骨盤はズレるのでしょうか?


普通の医療では「骨盤」はズレないとされており整体などの手技療法では骨盤はズレると言われていてどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそのような違いが出るのかを解説してみます。 まず、整体で言うところの骨盤が歪むというのは整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲン写真などの画像診断でわかるようなひどいズレは扱いません。

病院では?


産婦人科などの医療ではレントゲンなどの画像で見て分からないくらいの歪みは痛みなど身体の不調の要因になることはないと考えているのです。 それ以外にも骨盤の可動性は少しで例外的に出産時に動くくらい。 中年以降は仙骨と腸骨はほぼ癒着してしまう為、「骨盤」は普通可動することはないと思われているようです。

整体では?


整体で行われている「骨盤矯正」では、普段の施術で「骨盤」のすこしのズレを調整したのちに患者の痛みが改善されるのを経験します。 現実に「骨盤」の骨盤の周辺には筋肉、神経、靱帯があり少しのひずみでも筋肉、靱帯、神経を刺激する。 レントゲン写真などの画像診断でひずみが見つからなくても骨盤が歪んでいて、そのひずみを施術する必要があると整体で考えるのはこのためです。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい


ズレた「骨盤」は、いろいろな不調を肉体にもたらします。 「骨盤」が歪むと骨盤に乗っている背骨がズレます。 脊椎がひずむと脊椎の中に入っている神経や血管、体を支える筋肉や靱帯、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管に負担がかかります。 これらは、どれも肉体にとってすごく重要なものでどれが障害されても筋肉や内臓に異常が起こります。

骨盤が原因で神経圧迫


脊椎が歪むと脊椎から出ている神経の機能が狂います。 内臓機能の障害や運動器官の障害など身体の色々な部分が神経の情報でコントロールされているので、これら全ての肉体の異常に関わってきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担


ひずんだ身体は、関節、筋肉、靱帯に大きな負担がかかってくるため凝りや痛みの原因になったり、運動機能の低下などももたらします。

背骨、骨盤が歪むことによる血行不良


身体の曲がりによって血管などを圧迫してしまうことで、血行不良による「むくみ」や「冷え」などの要因になる。

整体による骨盤矯正


民間療法などの整体の「骨盤矯正」では主に手によって行われます。 矯正器具や矯正ベッドなど使用することもありますが、一般的には手でします。 また、ベルトのような「骨盤」を締め付けるような道具も用いる場合もある。 ふつう施術の痛みは伴わないのが普通なのですが、その中には強い力で無理に矯正を行う方法を使う施術師もいます。 普通の骨盤の場合、骨盤の関節の可動性はとても狭く大きく可動することはありません。 この少ない可動域を修正で可動させるので通常大きな力を使うことはない。

現実の整体の骨盤矯正


骨盤の関節は筋肉や靱帯で強く繋がっていますが、筋肉や靱帯などの柔軟性の範囲でしか骨盤の関節は動くことはできない。 「「骨盤」が広がっているから骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをテレビ、雑誌、ネットなどで見られますが、騙されないで。 骨盤にどれだけ力をかけても見た目で分かるだけの動きはしません。 こんな広告をする「整体」は骨盤の上に乗っかるなどして大きな力を加えて治療します。 すごく大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと考える方もいるようですが、目に見えて分かるほど可動したときは骨盤の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限度を超えてしまうため、筋肉や靱帯を破壊してしまいます。 治療前と治療後で変わったと感じる人もいるようですが、プラシーボ効果のようなもので変ったような気がしているだけなんです。 「骨盤」の関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、「骨盤」が見た目で変化が分かるほど可動していることはない。 仮に目に見えて動きが分かるほど骨盤が可動したのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の筋肉や靱帯は損傷しているわけであり、仙腸関節の痛みが出現しているはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?


例外的に骨盤が通常以上に可動する場合がある。 それは、出産する時です。 出産時は、ホルモンの作用によって「骨盤」の関節が緩んで「骨盤」が、広がるように動きやすくなったりします。 出産時には恥骨間が2㎝ほど広がりますが出産時以外では骨盤の関節は柔軟性は無いのです。 出産の時でもそんなに大きく開かない骨盤が外見で分かるほど治療で大きく動くことはない。 歯の矯正のように何年か力をかけるようなコルセットなどを使用すれば少しずつですが矯正していくことは可能でよしょうが現実的に無理だと思います。

骨盤の矯正をしてみよう!


「整体」で行う骨盤矯正は、体形などを変えるものではなく、身体をバランスの整った理想の状態に正すことが目的です。 骨盤の仙骨と腸骨の関節は小さなひずみでも痛みを発することがあるし、骨盤のわずかな歪みを肉体全体をひずませ健康に影響を与えます。 骨盤を修正して身体をバランスのとれたいい状態に維持することで健康を保ち凝りや痛みを改善します。 もし骨盤がズレていると思ったら「骨盤矯正」を受けてみるのもいいのではないでしょうか?骨盤は体の基礎です。 骨盤が傾けば身体全体が傾ていしまいます。 健康な体は姿勢から!「整体」の治療法はすごく効果的な手助けになる。
磐田市、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です