カイロプラクティック院、X脚矯正

X脚(エックスキャク)と整体


X脚矯正


日本人の下半身の悩みでO脚の次に多くいる脚の悩みがX脚なんです。日本人の女性にとてもおおいO脚と違いX脚の人は少ないので知らない方もいるのではないでしょうか?X脚は、両足を揃えて立つと足首の間がくっつかずにアルファベットのXのようになることからX脚(エックスキャク)と言われています。X脚は、ルックス的に残念なだけでなく、健康に対してもとっても変化を与えます。また歩く時や走る時にも不利な面があり、X脚の人達はすぐにでも修正することをおすすめします。X脚の歩き方や走り方は特徴があり左右の膝が触りやすく両脚が絡んで転んだりしやすい。左右の脚が当たってつまづくのを防止するために足を左右に開いて着地するので体が左右に大きく揺れた歩行の仕方や走り方になってしまいます。X脚の方は歩行の仕方がおかしいとか走り方が変だとか指摘されて、整体に来院して初めてX脚だったと気づく場合もあるようです。見た目を気にするう方には、このように揺れて歩行するX脚の歩行の仕方は凄くマイナスです。歩き方が変だとか、平な所で転ぶなどする人達は、X脚かもしれません。一回自分の脚をX脚かどうか確かめてみることをおススメします。X脚ではないと思っても、よく見るとX脚かもしれませんよ。

X脚の原因は?


X脚の原因には先天的なものと、後天的な(後から身につける)ものが、ある。先天的なものは遺伝子により受け継がれたものです。後天的なものは、生活習慣によって股関節や膝関節が徐々に歪んできたものです。座る時のくせや歩く時の癖などで脚の関節が曲がります。特に成長期の脚の骨が大きく成長する時の影響は大きく、多くの場合、成長する時にX脚なっていきます。また、X脚は、中年以降、骨や筋肉が弱くなると急速に膝の歪みが悪化する場合が多く、これは膝関節が歳をとると共に大きく変形してくるのが原因になっています。

X脚って真っ直ぐになるの?


以前は、X脚の原因は解っていなくてひとたびX脚になってしまったら治せないと言われていましたが、近頃では、X脚の大多数は真っ直ぐに近づけることができることが分かってきました。湾曲してしまった骨は真っ直ぐに伸ばすことはできませんが、股関節、膝関節、骨盤などの骨格を矯正することによってX脚を真っ直ぐに近付けるように調整することが可能です。X脚で悩んでいるのでしたら一回X脚矯正をしてみるのもいいと思います。

X脚矯正と整体


X脚の調整で効果的なのがカイロプラクティックなんです。カイロプラクティックは、骨を調整する施術法で当然脚の関節の調整のプロでもあります。カイロプラクティックでおこなうX脚矯正では、股関節、骨盤膝関節、足首の関節などを様々な方法で修正することによって曲がった脚を真っ直ぐに調整していきます。X脚の状態によっては器具を使うこともありますが、基本的に手技療法によって矯正します。カイロプラクティックのX脚矯正は、一回目から効果が出ることが多く、すごく効果的なのがわかります。ただ、カイロプラクティックのX脚矯正といってもカイロプラクティック師ごとに矯正方法が違い、どこに行っても同じような治療が受けられる訳ではないのです。カイロプラクティックは、技術です。カイロプラクティック師の力量に大きな差があるのです。よく調べてから行くのがいいでしょう。X脚矯正をしている整体院でもホームページなどに治療したX脚の画像を載せていないカイロプラクティックとかは行くのをちょっとまった方がいいかもしれません。X脚の矯正の実績がまったくないカイロプラクティックかもしれません。あと危険なのが、初めから高額な回数券を薦めてきたり、カードローンなどをススメてくる所も行くのをちょっと待った方がいいかもしれませんね。初めの数回はようすを見るために回数券やローンを組まずにいた方がいいと思います。

X脚を改善しよう


X脚は、将来膝の痛みだけでなく全身に影響を及ぼすものです。矯正するにも若いうちに治さないとX脚の治療自体が困難なものになります。カイロプラクティックの骨格矯正で治るといっても、膝や股関節などの変形が始まってからではどーしようもありません。X脚に気付いたら早急に矯正することをおススメします。カイロプラクティックが有効といっても限界があるので、治らなくなってからでは遅すぎます。X脚を改善したいのであれば試しにカイロプラクティックにいってみることをお奨めします。

整体カイロプラクティック整体カイロ痛み、、頭痛偏頭痛首の痛み寝違え肩こり背中の痛み肋間神経痛腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア坐骨神経痛姿勢姿勢猫背側彎症o脚矯正x脚矯正身体のメンテナンス背骨の痛みストレートネック骨盤妊娠中の骨盤矯正産後の骨盤矯正体調不良カイロプラクティック整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です